クイズ

Sumai編集部

これって違法?道路に接する幅が1.5mの敷地に、家が建つか解説。意外な事実も

旗竿地

敷地に家を建てるための重要なルールに「接道義務」というものがあります。火災や災害が起きたときの消火・救助活動と、避難経路の確保のために、建築基準法で設定されています。

この法律で家を建てるには、敷地が道路に2m以上接していることが条件になっています。では、条件を満たしてない1.5mでは、本当に家は建てられないのでしょうか?答えを解説していきます。

行政庁が支障がないと認めれば、建築を許可される土地がある!

接道義務

答え…建てられるケースもある

まず、道路の定義から。私たちはどんな細い道でも「道路」と言ってしまいますが、それは正確ではありません。建築基準法では、幅員が4m以上あるものを「道路」と定義されています。

ですから、面している道路の幅員が4m以上ないと、原則、家を建てられないことになっています。また、建築物の敷地は、道路(4m以上)に2m以上接していなければならないと決められています。

ということは「答えは、建てられない」となりそうですが、これを満たさない敷地でも、建築を許可されるケースがあるのです。

空き地

それは、建築物の敷地の周囲に広い空地がある場合。特定行政庁(建築主事を置く地方公共団体、およびその長のこと)が交通上・安全上・防火上・衛生上支障がないと認めて、建築審査会の同意が得られれば許可されます。

許可されれば2m以上道路に接していなくてもOKになります。ですから、「建てられるケースがある」が答えとなります。

では、幅員4m未満の敷地に建てられた住宅は違法!?

セットバック

道路に面している部分が2mに満たない場合でも、敷地の条件によっては建築を許可されるケースがあることはおわかりいただけたと思います。では、前面道路の幅員4mに満たない場合はどうなのでしょうか。違法となってしまうのでしょうか?

実際、古い町や下町を歩くと、どう見ても幅員4mもない道に面した住宅を目にします。じつは、建築基準法が適用される前からあったもので、特定行政庁が指定したものについては「道路」とみなすことになりました。これを「2項(にこう)道路」といいます。

セットバックの図解

この2項道路の場合、道路の中心線から2mの範囲は、道路とみなすため、建て替えを行う際には、このラインまで後退させることが求められます。

もし、向かい側が崖や川でセットバックできない場合は、さらに大変!向かいがセットバックできないので、前面の道路の幅員が4mになるよう、向かいの分までセットバックしなければならいないことに。そうなると、敷地が大幅に狭くなる可能性が出てきます。

敷地を検討するときはご注意を!

隣地から枝や根っこが伸びてきたら切っていい?知りたい人はこちらも!

相隣関係の問題
切ってOKなのはどっち?お隣の木の枝と根が、自分の敷地に侵入してきた

画像(図以外)/PIXTA