暮らしのコツ

Sumai編集部

今人気のキャンピングカーで「子連れ旅行」体験。人との接触を避け、自由な時間を満喫できます

道路に停めたキャンピングカー

今、キャンピングカーが売れています。コロナの影響とも言われていて、レジャーはもちろん、リモートワークなどにも使われているそう。

まだまだ、一般の人にはなじみのないキャンピングカーですが、その使い勝手は?実際に借りてみたという、日刊住まいの子連れライターが感想をレポート。

結果、コロナのリスクを避けながら、宿や飲食店の時間を気にせず旅行を満喫。子育て世代の旅行に、新たな可能性を実感しました。

子連れ旅行の問題を解決したい!とキャンピングカーを利用

チャイルドシート搭載のキャンピングカー

レジャーを楽しむ季節になり、きちんとコロナ対策をしながら、家族でお出かけを楽しみたいと思う方は、多いのではないでしょうか。

1歳になったばかりの子どもがいるわが家では、旅行先を決めること以上に、移動方法が悩みのタネでした。オムツ替えや昼寝、離乳食などに加え、長時間の移動で子どもが飽きてしまわないか…。

不安材料は盛りだくさん。なにか方法はないのかと夫婦で話し合った結果、夫の両親が所有していたキャンピングカーを借りることになりました。

まるで第2のわが家!キャンピングカーには子連れにうれしいポイントが満載

広々としたキャンピングカーの車内

キャンピングカー旅初心者の私。まるで自宅のような設備の数々に驚きました。

居室は定員7名の広々空間!屈まずに立って動ける

まず感動したのが、その広さです。借りたキャンピングカーは、しゃがむことなく普通に立って歩ける高さを確保。チャイルドシートを取りつけても、窮屈に感じないゆったりさに感心してしまいました。

ベビーカーの収納

外側にも内側にも収納がたくさんあり、荷物で車内がごちゃごちゃするということもありません。

電子レンジ調理ができる

キャンピングカーで電子レンジ調理

電子レンジや冷蔵庫といった、キャンピングカーならではの設備も搭載しています。離乳食を冷蔵庫に入れて持っていき、電子レンジで温めて食べさせる、なんていうこともできてとても便利です。

エンジンがかかってなくても電気や空調などが使えるので、居室スペースはつねに快適!

鍋もできる!キャンピングカーはまるで家族だけの秘密基地

キャンピングカーで手洗い

水道があるので、手洗いはもちろん、野菜や食器を洗うこともできます。天井部分には雨天も使用可能な換気扇がついているため、カセットコンロを使って、鍋料理もできます。

キャンピングカーで鍋

網戸のおかげで、夏でも虫を気にせず窓を開けて、外の空気を感じながら食事をすることも可能!

まるで秘密基地のようなプライベート空間で、家族みんなで鍋をつつけるなんて最高だと思いました。

天気やスケジュールに左右されず楽しく移動。子連れならではの問題も解決!

キャンピングカー旅で感じたメリットを紹介します。

宿泊施設や飲食店を使わないから、時間に縛られず移動できる!

宿泊施設や飲食店などを利用しない分、時間に縛られずに動くことができます。子どもに合わせて休憩したり、早めにご飯を食べたり…。思いつきで目的地を変更することだって可能です。また、他人と接触する機会も断然減るので、コロナ感染のリスクも減らせます。

子どもの昼寝・オムツ替え問題が解決!

キャンピングカーのベッド

どこに出かけても、オムツ替えの心配をする必要なし!広々とした居室で、落ち着いてオムツが替えられます。旅先で子どもが遊び疲れてしまったら、いったん戻ってお昼寝!なんてこともできて便利。

トイレがあるキャンピングカーなら、たとえ渋滞にはまってしまっても、子どもも大人も安心して過ごせます。

季節や天気に左右されない!キャンピングカー自体が特別な空間

キャンピングカーで遊ぶ子ども

キャンピングカーで過ごすというだけで、子どもにとっては非日常で楽しい体験になります。大人にとっても、コロナによる巣ごもりでふさぎ込んでいた気分が、少し明るくなりました。

天気が悪くても、夏の暑い日でも、家ごと動くような快適さで旅を満喫できます。レジャー施設のような特別な場所に行かなくても、日常と違った思い出づくりができるのがキャンピングカー旅の最大の魅力だと感じました。

あこがれのキャンピングカー旅は、子育て世代にとってメリットが盛りだくさん。レンタルで手軽にお試しもできます。