収納術

FujinaoFujinao

ものを浮かせば、洗面所の掃除がラク。ゲストをいつでも安心して案内できる状態に

Fujinaoさん宅の洗面所

来客時、手洗いをしてもらうために洗面所へ案内をすることが増えた、と話すのは整理収納アドバイザーのFujinaoさん。
洗面所は汚れやすく、生活感が出やすい場所。また、ハンドソープや歯ブラシなど、どうしても洗面所に置かなければならないものもあります。
安心してゲストを案内するためにはこまめな掃除や整理整頓が欠かせません。

そこで、とにかく掃除がしやすい洗面所にするために空中収納を取り入れたそうです。
その方法はとっても簡単で、100均アイテムなど身近な材料でできるものばかり。さっそく教えていただきました。

1.ハンドソープボトルは両面テープフックで空中収納

「壁にスッキリ収納できる両面テープフック」をつけたハンドソープボトル

洗面所に欠かせないハンドソープ。でも、カウンターに直置きしていると、いちいちボトルを持ち上げて掃除をしなければなりません。そこでまずはこのハンドソープボトルを浮かせることにしました。使ったのはセリアの「壁にスッキリ収納できる両面テープフック」。

電動式のハンドソープボトルを空中収納

筆者宅のハンドソープボトルは電動式で、結構な重量があります。落下防止のため、こちらのフックを2個使って空中収納にしています。こうして引っ掛けておくことでハンドソープボトルをいちいち持ち上げなくても洗面台のふき掃除ができるようになり、気がついたときにサッと水滴をふけるようになりました。

2.ペーパータオルを入れたティッシュケースはマジックテープで空中収納

ティッシュケースを空中収納

次に浮かせたのはセリアのティッシュケースです。中にはペーパータオルが入っています。手洗い後に、ゲストに安心して手をふいてもらえるように設置しています。

マジックテープを貼りつけたテイッシュケース

こちらも直置きだと掃除の邪魔になりますので、粘着式のマジックテープを使って空中収納することに。ティッシュケースを取りつけたい場所とティッシュケースに、それぞれマジックテープを貼りつけるだけで完成です。

ペーパータオルもティッシュケースも軽いので、マジックテープだけで十分に空中収納にすることができました。取り外しが簡単なのでペーパータオルの補充などもさっとできます。

ペーパータオルを使うのは基本的にゲストだけなので、ゴミ箱は来客時だけ隣の脱衣所にある小さなゴミ箱を移動しています。ゴミ箱があると床の掃除がしにくいので、普段は洗面所にゴミ箱を置いていません。

3.歯ブラシ関連のアイテムはマグネットの力ですべて空中収納に

歯ブラシやコップなどをぶら下げて収納

最後に浮かせたのは歯ブラシ。歯ブラシ置き場はどうしても水がたまりやすいので、できるだけ風通しよく収納しておきたいもの。筆者宅では、ミラーキャビネットの中で、このように空中収納しています。

強力磁石をマスキングテープで貼りつけた歯ブラシと書類用クリップ

まずは歯ブラシの底に強力磁石をマスキングテープで貼りつけます。歯磨き粉のチューブはダブルクリップではさみ、クリップ本体に強力磁石をマスキングテープで貼りつけます。

次に、ミラーキャビネット内の棚裏にマグネットプレートを貼ります。強力磁石、マグネットプレートはセリアで買いました。うがい用のコップとそれをつるすマグネットフックはダイソーのものです。水滴をキャッチするために、水受けトレイにキッチンペーパーを敷き、こまめに取り替えています。

洗面所で使うアイテムをすべて空中収納にしたことで掃除がしやすいだけでなく、安心してゲストをご案内できるようになりました。スペースを有効活用できるだけでなく、コロナ対策にもなる空中収納、ぜひ試してみてくださいね。

●教えてくれた人/Fujinaoさん
整理収納アドバイザー。転勤族の経験から「少ないモノで豊かに暮らす」アイディアと暮らし方を提唱している。個人宅の片づけ実績は300件超。モノの呪縛から解き放たれる魔法のような言葉を載せたインスタが人気を集めている。著書に『片づけの力 私たちは、もっと美しくなれる、部屋も、心も、人生も。』(KADOKAWA刊)がある