暮らしのコツ

田川瑞枝田川瑞枝

50代にはしんどい模様替え。100均フェルトクッションの投入でラクにできた

リビング

季節の変わり目や気分転換に、ふと部屋の模様替えをしたくなること、ありませんか?

「リビングの模様替えが趣味で、季節によって家具の配置を変えています。若い頃は、重い家具も持ち上げられましたが、体力がなくなってきた50代、腰を痛めたらと不安に…」と話すのは、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さん。でも、100均アイテムを使ったら模様替えがラクにできた!という、そのアイテムを教えてもらいました。

100均のフェルトクッションで大型家具もラクに動かせる

ダイニングテーブルセット、ソファセットなど、リビングは大型の家具が多く、これを移動させるのはなかなか大変。普段の掃除などでちょっと動かしたいときなども、ひと苦労です。
そこで、私ひとりでもラクに移動できるように、家具の脚に滑りやすいシートを貼りました。

キズ防止フェルトクッション

使ったのはセリアの「キズ防止フェルトクッション」48個入りです。

イスの脚にキズ防止フェルトクッションを貼り付け

直径30㎜と小さめなので、イスの細い脚にもピッタリでした。

模様替えが手軽にできる

家具の脚にフェルトクッションを貼り付け

48個入っていたので、家具の脚という脚に全部貼りつけました。ひとりではなかなか動かせないダイニングテーブルの脚にもペタリ。

ソファの脚にフェルトクッションを貼り付け

ソファの太い脚にも貼ってみました。

家具を持ち上げなくても押すだけで動かせる

フローリングの床だと、家具を持ち上げなくても押すだけでスーッと動きます。ムダな力がいらずラクに動かせるので腰への不安もなし。家具は引きずったときに音がしますが、その心配がないのもうれしい。100円でこの快適さはいいですね。

ダイニングとソファセットを模様替え

こうして簡単に家具を動かせるようになったので、ダイニングとソファセットの場所を入れ替えて、気分一新。

ちなみにわが家は、リビングからテレビをなくしたので、ソファとテレビの位置を気にせず、どこでも自由に配置できます。

ホコリがたまらず日焼け防止にも

家具は、引っ越してきたときからそのままという方も、意外と多いようです。

以前、片づけ作業で伺ったお宅で、テレビとソファの位置がズレていることがありました。「これだとテレビが見づらくないですか?」とお聞きすると、「引っ越し業者さんがここに置いていったので」と…。

家具に合わせて無理な体勢をとらないといけないのでは、くつろげる部屋にはなりません。暮らしながら使いやすく家具を配置するためにも、ラクに動かせるようにしておくのがおすすめです。

また、ときどき家具の配置を変えると、家具と壁の間にホコリがたまるのを防ぎ、床の日焼け防止にもなります。

リビング以外でも、たとえば子ども部屋などは、低年齢のときの低い家具配置のままでは、身長が伸びると使いにくいものです。机やベッドの配置も学習の集中力に関係してきますし、成長に合わせて家具の配置をラクに変えられるのが理想です。

家じゅうの模様替えがラクにできる100均ワザ、ぜひ参考にしてみてください。

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中