クイズ 連載

Sumai編集部

「匕」読める?もし、投げられてしまったら、どうしていいかわからない

読めそうで読めない「匕」
カタカナのヒみたいな字。画数2画のれっきとした漢字です。音読みは「ヒ」。「じゃあ、カタカナでいいじゃん!」とツッコミが入りそうですが、訓読みでよく使う道具の読みがあります。

さらにこれを投げるなんていう、されたらどうしたいいか困ってしまう慣用句も!さて、なんと読むでしょう。

いわゆる計量に使う道具。調理するとき使っているかも!

調理で使う道具

もし、レシピを見ながら、調理するとしたら、きっと使っていると思います。ズバリ、粉末や液体をすくい取る道具のこと。

「正解はスプーンでしょ!」と思ったかもしれませんが、それは早とちり。形状は似ているので、同じといっても問題ありませんが微妙に違います。正確にいうとスプーンはスープを口に運ぶなど、食事をするときに使うもの。いわゆるカトラリーに属するもの。一方、匕はおもに計量に使います。

これを投げるという乱暴な言葉が生まれた理由は?

匕で量る

正解は「さじ」です。

匙とも書きますが、この字でも同じように読みます。

「匕(匙)を投げる」という慣用句を聞いたことがあると思います。これは、食事中にスプーンを投げて席を立つことではありません。昔のお医者さんが、薬を調合するのに、匕で量っていたことからきています。

医者が患者に効く薬を処方することができず、自分にはもう手のほどこしようがないと治療をあきらめること、というのが本来の意味です。

そこから転じて、お手上げ状態になり断念すること、展望が立たず見切りをつけること、などの意味で使われるようになりました。

いずれにしてもあまりいいイメージの慣用句ではありません。なにごとも「匕を投げる」なんて、言わないですむことがいちばんですね。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「満天星」
「満天星」読める?レストランじゃなくて、公園や校庭でよく目にする植物の名前

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE