収納術

藤野 こと藤野 こと

スポンジ収納の正解は?置き型、掛け型、つるし型…いろいろ試してわかったこと

シンク周り

キッチンスポンジは雑菌が繁殖しやすいため、清潔をキープしておきたいもの。使用後にスポンジをそのまま放置すると雑菌だらけになってしまうので、しっかり乾かせる環境づくりが大切です。

「さまざまな収納法を試してみましたが、なかなかしっくりくる方法が見つかりません…」と話すのは、クリンネストの資格も持つ、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。どんなスポンジ収納を試してきたのか?結果、ベストな方法は?を、教えてもらいました。

置き型スポンジラックを使った収納

もっとも一般的だと思われるのが、置き型のスポンジラックを使った収納です。洗剤とスポンジが一緒に収納でき、シンクも広く使えて便利!

そう思っていたのですが、シンク回りを掃除するときに持ち上げなければならないこと、ラックの水切りトレーのお手入れに手間がかかることが私にとってはネックでした。自分には合わないと判断し、別の収納方法を探すことに。

スポンジホルダーを使ってシンク内に収納

引掛け型のスポンジラック

シンクが比較的広いキッチンで使われているのが、吸盤タイプあるいは蛇口に掛けるタイプのスポンジラックやスポンジホルダーです。シンク回りの掃除がしやすくなると思って試してみました。

まずはスポンジと洗剤が収納できる吸盤タイプのものを使ってみたところ、たまに吸盤がはずれてしまうことが気になるように。それならばと、蛇口に掛けるタイプのスポンジラックを使ってみましたが、しっかり固定はされるものの、野菜を洗うときなどの水はねが気になります。

それにシンク回りの掃除がしやすくなった反面、取りはずしが面倒でシンク内の掃除がしにくくなってしまいました。

ただ、つるせないタイプのスポンジを愛用しているため、スポンジを固定するタイプのものを今でも使っています。画像のラックならサイズもコンパクトでさほど邪魔にはならず、取りはずしもしやすいです。

スポンジをつるす収納に

スポンジを吊り下げ収納

キッチンスポンジ収納は水切れのよさが大切。そこでシンクの壁に吸盤フックを取りつけ、スポンジをつるす収納にしてみました。洗剤はつるせないので直置きに。

洗剤のボトル

シンク回りを掃除するときは洗剤を持ち上げる必要がありますが、シンク内は広々と使えて掃除もラク。ただし、スポンジをしっかりと絞っておかないと水滴がポタポタと落ちてくるのが気になります。ですから水滴対策としてキッチンクロスを下に敷き、その上に洗剤を置いています。洗剤を持ち上げれば、クロスでサッとふき掃除ができて便利です。

愛用しているスポンジはつるしにくかったため、ループつきのクロスタイプのスポンジを購入して両方使っています。蛇口に掛けるタイプを使い続けるか、愛用スポンジを諦めてクロスタイプのスポンジをつるして使うようにするかは、時間をかけて試してみてから決めるつもりです。

自分に合った方法でスポンジを清潔に保てればOK

このように3つの収納方法を試してみましたが、結果はどれも一長一短。それに使い勝手はシンクの大きさで変わるため、一概にどれが正解とは言えないというのが率直な感想です。

その中で、もっとも自分に合った方法を見つけることが大切だなと感じました。

ちなみに、除菌もできる洗剤を使っているから安心と思ってスポンジを放置している人がよくいますが、それは間違い。雑菌を増やす結果になってしまいます。除菌もできる洗剤で除菌するときは洗ったついでではなく、スポンジをキレイに洗ってよくしぼったあとに原液をつけるのが正しい使い方です。

スポンジを清潔に保つためにも、ぜひスポンジ収納を見直してみてくださいね。

●教えてくれた人/藤野ことさん
整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト。クリンネスト2級。家事は「素早くラクに」がモットー。動線を短くして時短家事となる仕組みづくりを考えている。無印や100均などのグッズを使った収納アイデアを考えるのが得意