家電

beachmamabeachmama

冷房後はエアコン内部のカビに注意。点検員が語った対策と意外に知らない便利機能とは

エアコンをつける

真夏はいちばんエアコンを使う季節。ただ、毎日使用しているとエアコン内部の汚れや湿気によるカビの発生も気になります。エアコンから異音がしたため、点検員の方にきてもらったという日刊住まいライターは、そのタイミングでカビ対策について質問。なかなか気づきにくいエアコン内部の湿気のことや、意外に知らない便利な機能について教えてもらいました。

エアコンの点検員に、自分でできるカビ対策を質問

動作確認とほこりの清掃をかねてエアコンを動かす

筆者宅のリビングではパナソニック製のエアコンを使用しています。先日、動作確認とホコリの清掃のためにエアコンを動かしてみると、エアコンから嫌な音がしたので、念のため点検員に点検をしてもらうことにしました。

どうやらホコリを外に排出するダストボックスがスムーズに働いていなかったようで、エアコン内にホコリがたまっている状態とのことでした。じつは筆者宅のリビングのエアコンは、家づくりを依頼したハウスメーカーからのサービス品。そこで、ハウスメーカーに相談すると、エアコンの部品交換とエアコン内のクリーニングを無料でしてもらえることに。

プロの方に直接質問できるいい機会でもあるので、自分でできるエアコンのカビ対策について聞いてみました。

冷房運転後のエアコン内部は多湿状態。「内部クリーン運転」で乾燥を

内部クリーン運転中のリモコンの画面

点検員によると、冷房運転後のエアコン内部は多湿状態。どうしてもカビが成長しやすい環境になってしまうので、エアコン内部の湿気を逃がすことがとても重要だそうです。筆者宅ではこの内部乾燥をあまり意識したことがなく、エアコン停止後のお手入れをほとんどしていませんでした。

多湿状態のエアコン内部を乾燥してくれるのが「内部クリーン運転」機能。設定しているという方も多いかもしれません。フィルターの自動お掃除機能とは別の機能で、冷房や除湿後のエアコン内部を乾燥してくれるとても重要な機能です。

筆者宅のエアコンの取扱説明書で内部クリーン運転の内容を確認してみると、冷房や除湿使用後に送風→暖房→送風の順に自動で運転。運転時間は40分から120分ほど。エアコン内部を自動で乾燥してくれるので、常にオンにしておくと安心です。

取扱説明書をよく確認してみるとおやすみタイマー時は「内部クリーン運転」が働かないエアコンが多いようです。ですので、おやすみタイマーを使用したあとは自動で「内部クリーン運転」を設定するようにしています。

エアコンに「内部クリーン運転」運転機能がない場合は、冷房や除湿後に送風運転を30分から1時間ほどするといいそうです。送風運転機能もない場合は、冷房で設定温度をいちばん高くして運転すると、内部の乾燥になるとのことでした。

カビ対策機能がついているなら、冷房を頻繁に使う時期だけでも設定を

カビみはり中のリモコンの画面

また、メーカーによって名称は違うものの、カビ対策機能がある場合も多いので、冷房を頻繁に使う時期だけでも設定しておくといいそうです。

筆者宅のエアコンには「カビみはり」という機能があります。カビが成長しやすい条件が続くと、自動でエアコン内部の乾燥をしてカビを防止してくれます。3年ほど使用していますが、今回点検員の方に教えていただいて初めて設定しました。

お掃除機能があっても掃除しなくていいわけではない

エアコンのダストボックス

エアコンのお掃除機能があると自分で掃除する必要がないと思いがちですが、ホコリをためるダストボックスがついている場合は、ダストボックスの清掃が必要です。それ以外にもルーバーやエアコン本体にも汚れやホコリが付着するので、こまめに手入れをするようにしています。

せっかく優れた機能があっても、しっかり理解して使わないと意味がありません。今回、点検員の方に直接話を聞いたことで、よりそのことを実感しました。便利な機能をうまく使いつつ、こまめに手入れをして、エアコンをいつもいい状態にしておけるとといいなと思っています。