クイズ 連載

Sumai編集部

「馬穴」読める?ひっくり返すとえらいことになる、家にある道具の名前です

読めそうで読めない「馬穴」
アニメ「タイガーマスク」に登場する悪役レスラーの養成機関は「虎の穴」。競馬でねらうのは「大穴」。どちらともまったく関係ありません。多分、あなたの家にもある道具の名前です。

さてなんと読むでしょう?

とても強い雨のことを、これをひっくり返したような雨といいます

すごい雨

おもに液体を入れて運ぶことに使われます。しかしそれ以外にも、ゴミや石炭など、固形のものを保存する容器や運搬にも利用されます。

非常に強い雨が降ったときに、「馬穴をひっくり返したような雨」という表現を使います。確かにこれをひっくり返すと、とたんにびしょぬれになります。

もう、なんだかわかりましたか?

最初に使ったのは夏目漱石という説が有力

バケツ

正解は「バケツ」です。

英語の「バケット(bucket・カゴのこと)」にこの漢字が当てられました。

この漢字が初めて出てくるのは夏目漱石の『三四郎』。漱石はバケツのことを「馬穴」とも「馬尻」とも表記しています。穴は「けつ」と読みますし、「尻(しり)」のことを「ケツ」と言うこともありますから、バケツの当て字になったようです。

漱石は当て字の天才で、彼が小説ではじめて使ったといわれているものは、かなりの数に上ります。その一部をご紹介しておきましょう。

  • 麦酒…ビール
  • 硝子…ガラス
  • 酒精…アルコール
  • 匙(さじ)…スプーン
  • 隧道(ずいどう)…トンネル
  • 燐寸…マッチ
  • 頁…ページ

夏目漱石がいなかったら、バケツに馬の穴なんて漢字が当てられることもなかったかもしれません。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「満天星」
「満天星」読める?レストランじゃなくて、公園や校庭でよく目にする植物の名前

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE