家事

よしママよしママ

エアコン室外機の掃除、たった10分で効き目や電気代に変化も。簡単なやり方は?

エアコンの室外機

夏に欠かせないエアコン。本格的な暑さを迎える前にと、この時期に掃除する方も多いのでは。でもじつは、室内にある本体だけでなく、室外機のお手入れも必要なことをご存知ですか?これをしておかないと、風量が低下したり、電気代が高くついたりするはめに…。

室外機のお手入れは、とっても簡単。一台につき10分で終わります。今のうちにすませておきたい室外機のチェック方法を、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに教えてもらいました。

1:まずは準備から

室外機にかかる植物をカット

お手入れを始める前に、エアコンの電源を切っておきます。室外機周辺に、植木鉢やプランター、植物があると、室外機から吹き出す風がさえぎられてしまうので、周りにはものを置かないようにしておきます。室外機の上に植物の枝葉があると、虫や鳥のフンが落ちやすいのでカットします。

※お手入れをする前に、必ず取扱い説明書を確認してください。室外機に直接水をふきかけるのは故障の原因になります

2:全体の汚れを落とす

ブラシで汚れを落とす

枯れ葉や砂、虫、フンなどがついている可能性があるので、全体の汚れを乾いた状態で、ブラシやぞうきんで落としていきます。傷がつかないようにやわらかいブラシを使うのがポイント。洗車ブラシは大きくてブラシ部分もやわらかいのでオススメです。軽く当てて下へ砂ボコリを落とすように磨いていきます。

3:フィン付近に挟まったゴミを取り除く

フィンに挟まった汚れを取り除く

側面と背部にあるアルミのフィンに枯れ葉などゴミが詰まっていたら、やわらかいブラシや割り箸などでそっと取り除いてください。フィンを強く押すとつぶれる可能性があるので、直接触らないようにします。

4:全体を水ぶきする

室外機を水ぶきする

濡らしてかたく絞った雑巾で全体をふいていきます。

わが家の室外機には、バラの葉につく虫のフンがたくさん落ちていました。頑固な汚れはからぶきでは落ちないので水ぶきがオススメです。ふいたあとは室外機がワントーン明るくなりました。

フン汚れ部分に水を吹きつける

鳥のフンがついている場合は、そこの部分のみスプレーなどをして濡らします。汚れがゆるんでくるので雑巾でふき取ります。

5:ドレンホースの汚れをかき出す

ドレンホース内部のゴミを割り箸で取り除く

水滴が出てくるドレンホースは、中に砂ボコリやゴミが入りやすいです。割り箸で中のゴミをそっとかき出します。汚れを取り除いたら、虫の侵入防止にホースの先端に防虫キャップをつけておくと安心です。虫だけでなく、ゴミも入りにくくなります。

6:周囲のゴミを集める

ホウキでゴミなどをかき出す

室外機の下や裏側には枯れ葉がたまりやすく、放っておくと草が生えてくることもあるので、ホウキで取り除いておきましょう。掃除で落としたゴミもかき集め、スッキリなにもない状態に。虫も住み着きにくくなり、ドレンホースへの侵入防止にもなります。

室外機が汚れていると目詰まりを起こし、エアコンの故障の原因になることもあります。室内機だけでなく室外機の掃除も忘れずに行いましょう。梅雨明けや、大雨・台風のあとなどは、泥はねや落ち葉でとくに汚れやすいので、チェックしてみてください。

●教えてくれた人/よしママさん
元小学校・家庭科教諭。時短&家族にやさしい掃除、洗濯を日々研究し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で発信。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)