体験レポート&リサーチ

beachmamabeachmama

話題の「dailyオリジナル食器拭きクロス」が超優秀。家事ラクと時短を実現

dailyオリジナル食器拭きクロスと皿

100均のふきんはすぐにびしょびしょになってしまい、頻繁に交換しなければならないのがストレスだった、という日刊住まいライター。そんなときにたまたまネットで見つけたのが「dailyオリジナル食器拭きクロス」。水滴をぐんぐん吸いとる、と話題のアイテムです。吸水性の高さはもちろん、マイクロファイバーのキシキシした感じがしないところもお気に入り。結果として家事ラクと時短を実現できた、というクロスの使い心地を詳しくレポートします。

100均のふきんはすぐびしょびしょに。ある程度の枚数も必要

以前使っていた100均のふきん

筆者宅では食器は食洗機で乾燥までしますが、食洗機に入れないフライパンや鍋、まな板などは調理中に洗い、100均のふきんで水滴をふき取っていました。そのためどうしてもすぐにびっしょりと濡れてしまいます。当然ある程度のふきんのストックが必要になってきます。

ふきんの使用枚数が増えると洗濯物も増え、濡れたままのふきんを長時間そのままにしておくことにも抵抗を感じていました。ちょうど今まで使っていたふきんの買い換えのタイミングがきたので、100均のふきんを食器ふきに使うのはやめて、吸水力があって使いやすい食器ふきを探すことにしました。

「dailyオリジナル食器拭きクロス」はネットで売り切れの人気商品

dailyオリジナル食器拭きクロス

以前から気になっていた「dailyオリジナル食器拭きクロス」は、ネットショップでいつも売り切れになっていた人気商品。ちょうど再販されるタイミングで購入することができたので、さっそく使ってみると、人気の理由がわかりました。

2枚並べたdailyオリジナル食器拭きクロス

サイズは2種類あります。大判サイズは60×45㎝で990円(税込み)。ハーフサイズ(30×45㎝)は2枚セットで1100円(税込み)です。

コップ1杯の水にハーフサイズのクロスを入れて実験

どのくらい吸水力があるのか、水の入ったグラスにハーフサイズのクロスを入れて実験してみました。

グラスの中の水があっという間にクロスに吸い取られていく

グラスの中の水があっという間にクロスに吸い取られてしまいました。

グラス内の水をしっかり吸収

しっかり吸水できるだけでなく、乾くのもとても早いです。クロスの素材はポリエステル75%、ナイロン25%で。適度な厚みとやわらかさがあり、食器をしっかりと手に持って水滴をふき取ることができます。

マイクロファイバー特有のキシキシ感がない

マイクロファイバーはとても便利ですが、手に引っかかるような独特のキシキシ感がずっと苦手でした。こちらの「dailyオリジナル食器拭きクロス」は、乾燥した手で使用しても、指に引っかかるキシキシ感ががなく、マイクロファイバーのイメージが大きく変わりました。

洗ったあとの食器を置いて水切りマットのように使う

大判サイズは食器を拭く以外にも、洗ったあとの食器を置いて水切りマットのように使うこともできます。来客の多いときや大きな鍋やフライパンを使ったあとにも活躍します。クロスをふいたあとの跡もつきにくいので、グラスなどもきれいに水滴をふき取ることができ、1枚でかなり満足度の高い食器ふきクロスでした。

フックなどにクロスをつるしておき、乾燥させる

使ったあとはフックなどにつるしておき、乾燥させます。夜まで何度か使用して、夕飯の片づけのあとに中性洗剤で洗います。よく絞ってキッチンに干しておけば、翌日には乾いているので、そのまま使用できます。2枚あればじゅうぶん使い回すことができるので、たくさんのストックを持つ必要もなくなりました。今まで、食器ふきクロスへのこだわりはほとんどなかったのですが、「dailyオリジナル食器拭きクロス」を使ってみて意識が変わりました。

小さなアイテムを見直すことで、家事がグンとラクになり、時短にもつながります。食器ふきクロスに不満を感じていた方は、試してみてはいかがでしょうか。