家電

Sumai編集部

激ラクと話題の「回転モップクリーナー」を検証。ベタベタ床の掃除は、コレに決まり

立てかけたコードレス回転モップクリーナーNeo

湿気の多い夏の時期は、家じゅうの床のベタベタが気になります。

6歳と4歳になる2人の娘、さらにペットの犬もいる日刊住まいライターは、毎朝、掃除機がけとワイパーにウェットシートを取りつけて床ぶき。それでも半日でベタベタに。ペットのゲージ付近の汚れを、しゃがんでぞうきんがけするのも負担になっていました。

そこでテレビで観た回転式モップを購入したところ、一気に解決!さらに子ども部屋や浴室の掃除でも活躍しているそうです。その使用感と実力をレポートします。

スペックを確認して、床のベタベタ対策に回転モップの購入を決意!

箱に入ったコードレス回転クリーナーNeo

1年前くらいにテレビ番組の家電紹介で「コードレス回転モップクリーナーNeo」という商品を紹介していたことを思いだした筆者。まずは商品の口コミや商品詳細をくまなくチェックしてみました。そして、たまたまセール期間だったこと、口コミがどれもよかったことが決め手となり購入を決意!

充電時間約3.5時間で、約60分使用可能。60分もあれば、余裕で家じゅうの床ぶきが可能。モップパッドは本体に2枚つき。購入したときにショップの特典で、さらに2枚の交換用モップパッドがついていました。メーカー希望小売価格は1万6500円(税込み)です。

組み立ては簡単で、ロッドと本体のネック部分をつなげるだけ。真ん中のロッドをつけずに組み立てが可能なのでハンディタイプとしても使えます。

回転するモップの力でぐんぐん前へ!力もいらすラクに床ふきができる

では実際に使ってみた様子を紹介します!

モップパッドを濡らす

まずはモップパッドを水で濡らしてしっかり絞ります。このときに住宅用の中性クリーナーである「ウタマロクリーナー」を2、3プッシュ水に混ぜると、ふき上がりがさらにツルツルに。

モップパッドを取りつける

モップパッドは強力なマジックテープで本体に取りつけることができます。

コードレス回転クリーナーNeoを使う子ども

実際にコードレス回転モップクリーナーNeoをかけてみると、まったく力がいらず、回転するモップの力でぐんぐん前に進んで行く印象です。本当に軽くてしゃがむ必要がないのでラクに床ぶきができます。

4歳の娘でも簡単に床ぶきができるので、お手伝いしてくれる機会がかなり増えました。

回転モップクリーナーでどれくらい汚れが落ちるのか?クレヨンで検証!

コードレス回転モップクリーナーNeoは、汚れがしっかり落とせ、床のベタベタ感もまったく気にならない程度までふきあげることができます。

床のクレヨンの落書き

写真では伝わりにくいので、試しにクレヨンで床に落書きをして検証してみました。

コードレス回転クリーナーNeoでクレヨンの落書きがとれるか検証

書いた場所の上を軽くサーっと動かすだけで、簡単にクレヨンの落書きが消えました。力はいっさい入れなくてOKです!

子ども部屋や浴室でも!回転モップクリーナーをリビング以外でも活躍中

リビングの床のベタベタ問題は解消。せっかくだからほかの場所でも活用したい!とそのほかの場所でも使ってみました。

コードレス回転クリーナーNeoでジョイントマットのふきあげ

こちらは、子ども部屋に敷いているジョイントマット。表面がデコボコしているので、ちょっと汚れがついてしまうとやっかいですが、コードレス回転クリーナーNeoで簡単にふきあげることができました。

浴室では、壁を軽くふきあげるのに使用します。ただし、防水ではないので使用の際は注意が必要です。

さらに、口コミで見た窓の掃除にも使用しています。
床ぶきだけではなく家じゅういろいろな所で活用できるのはうれしいポイント。少し気になるのは、回転音が少し気になること。赤ちゃんのいる家庭では、お昼寝時の使用は避けた方がいいかもしれません。

こんなに簡単に床ぶきができるなら、もっと早く買えばよかった!と思った筆者。今では朝掃除機がけのあと、子どもたちが、これで床ふきのお手伝いをしてくれています!

朝から一緒に床をピカピカにするのが日課になってから、毎朝気持ちよく1日を始めることができ、とても快適になりました!

コードレス回転モップクリーナーNEO ホワイト

CCP コードレス回転モップクリーナーNEO ホワイト TZJ-MA817-WH

立ったままで拭き掃除。軽い使い心地で、らくらくキレイ! コードレスの回転モップクリーナー。

Amazone詳細ページへ