ペットと暮らす

マルヤマミエコマルヤマミエコ

犬の抜け毛は排水口詰まりの原因に!使い方簡単で、役立つグッズを紹介

犬の抜け毛には要注意

家のあちこちに落ちる犬の抜け毛。注意しないと、水回りのトラブルの原因になることも!

そうならないために、『愛犬のしつけと15のトレーニング』の著者で、ドッグライフアドバイザーのマルヤマミエコさんが、有効な対策を教えてくれました。

それは洗面台と浴室に「排水口フィルター」を取りつけること。自宅でシャンプーするときは、「水切りネット」もおすすめだそうです。
犬を飼っている方は、トラブルになる前に、ぜひ試してみて!

犬の抜け毛がついた手を洗い続けると、排水パイプが詰まる可能性が!

犬の毛で排水口が詰まると大変

犬を飼い始めたら、抜け毛が家の中の至るところに落ちていて驚いたという人もいるのではないでしょうか。犬の抜け毛は、とにかく神出鬼没。床やソファ、ベッド、洋服やバッグなど、あらゆるものに愛犬の抜け毛はついています。

それだけではありません。犬と遊んだり、抱いたりしているうちに洋服や体に犬の毛が付着。そうして私たちの体についた犬の抜け毛は、手を洗ったり、お風呂で体を洗ったりすることで、排水と一緒に流れていきます。

犬の抜け毛は、髪の毛やゴミに絡みついて、排水パイプの中で詰まってしまうことも…。水の流れが悪くなったり、汚水があふれたりしたら大変。水道屋さんに修理を依頼しなければならなくなります。

犬がいるお宅は洗面台のパイプが詰まらないように、対処しておくことが大事です。

目のこまかい排水口フィルターは、犬の抜け毛取りにも効果的!

ホームセンターや100均で売られている排水口フィルター

犬の抜け毛のパイプ詰まり予防には、「排水口フィルター」がおすすめです。

ホームセンターや100均に行くと、髪やゴミを取るための、さまざまな種類の排水口フィルターが売っています。素材はステンレス製やプラスティック製のものなどがあり、排水口の形状で選べるようになっています。

「排水口フィルター」は、ゴミや髪の毛を取るのがおもな目的ですが、犬の抜け毛取りにも使えます。

購入の際は、自分の家の洗面台の排水口に合うかをよく確認すること。また、犬の抜け毛がしっかりとキャッチできるように、目がこまかいものを選びましょう。

ポリウレタンの排水口フィルターを上に置いて二重に

筆者宅の洗面台には、もともとプラスティック製のゴミキャッチがついています。それだけでは不十分なので、写真のようにポリウレタンの排水口フィルターを排水口のサイズにカットし、二重にしています。こうすることで、排水口から流れていく犬の抜け毛を、大幅に減らすことができました。

犬のシャンプー前は、排水口に水切りネットをセット!

シャンプーしているワンちゃん

愛犬のシャンプーをトリミングサロンに頼まずに、家のお風呂場でしたことも、あるかと思います。その際、予想以上の抜け毛の量に驚いたのではないでしょうか。

風呂場の排水口にもゴミ取りフィルターはついていても、ほとんどのフィルターは目が粗いため、かなりの量の犬の抜け毛はスルーしてしまいます。

水切りネット

そこでぜひおすすめしたいのが、キッチンの排水口に使用する目の細かい水切りネットやストッキングです。ネットやストッキングを排水口フィルターにかぶせておけば、犬の抜け毛をしっかりキャッチしてくれます。

愛犬のブラッシングを欠かさずに

犬は換毛期になると、かなりの量の毛が抜けます。それ以外の時期でも、思っている以上に毛が抜けます。ですから、毎日のブラッシングを習慣にすること。シャンプー前にもブラッシングを忘れずにしましょう。

排水口のパイプに犬の抜け毛が詰まって水道修理を依頼すると、かなりの出費に。集合住宅の場合は自分の家だけでなく集合住宅全体に迷惑がかかることもあります。洗面台、風呂場、ベランダの排水口の抜け毛対策は忘れずに行うようにしましょう。

●教えてくれた人/マルヤマミエコさん
ペット食育協会ペット食育士1級、ペットライフアドバイザー。ライター兼編集者として、雑誌や書籍、webなどで、幅広く活動中。著書に『愛犬のしつけ+15のトレーニング』