家事

田川瑞枝田川瑞枝

ゴミを減らす&小さくする方法。買い方、捨て方を見直すと暮らしの質が上がる

家庭ゴミ

最近、耳にすることも多くなったSDGsというキーワード。世界中の人々が豊かで幸せに暮らせるように、地球環境をはじめとしたさまざまな問題に取り組んでいこうとする、世界共通の開発目標のことです。そう聞くと、私達の生活からはほど遠いことのようですが、家庭でできることもいろいろあります。

ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんは、「家庭ゴミを減らすことで、暮らしの中にSDGsを取り入れています」と話します。地球環境への配慮は、同時に暮らしやすさにもつながるそう。田川さんが実践している取り組みを教えてもらいました。

家庭ゴミを減らす3つの心がまえ

レジ袋の有料化など、プラスチック製品の削減を目指すことも、SDGsの取り組みのひとつです。そして、家庭でのプラゴミを減らすことでも、海に流れ出るマイクロプラスチックを減らせて、SDGsが掲げる目標のひとつ、「海の豊かさを守る」ことにもつながります。

個人でできることはほんのささいなことかもしれませんが、この積み重ねも大事な一歩だと実感しています。

家庭ごみ

わが家で出る家庭ゴミは、生ゴミを含む燃やせるゴミと燃やせないゴミ、リサイクルできる資源ゴミなど。なるべくどのゴミも減らしたいので、ものを買うときなど、なにかを新しく家に入れるときから意識することが重要です。

ものを買う前の判断が大切

なにに使うのか、本当に必要かを考えてから、筆者はものを購入するようにしています。TVやSNSで話題だからと評判だけで買っていると、家の中はすぐにものであふれてしまいます。

調味料の瓶

たとえば、ドレッシングやタレなどの調味料。冷蔵庫の中にいろんな味や種類のものが入っていて、そもそもいつ買ったのかさえ忘れているなんてこともありがちです。

私は、食べきれる、使いきれると自信をもてるものだけ、覚悟を決めて買います。ムダに買って廃棄するのは、お金を捨てているのと同じだからです。

買い方を工夫する

そして、買った以上はそのものがゴミになるまで責任をもつこと。同じアイテムでも、プラスチック容器入りとビン入りがあるなら、ビン入りを選ぶことで、プラスチックゴミの削減に貢献できます。

紙パックの食品

たとえば、納豆やヨーグルトなどは紙容器入りを選ぶことで、ゴミ自体の存在はもちろん、洗浄して捨てる、という手間もなくなります。

緑茶

飲み物なら茶殻が出ないように粉末タイプを選んでいます。これだけで、茶殻という生ゴミの存在がなくなり、あと始末も格段にラクになります。生ゴミを減らすことで、燃やすときにかかる清掃工場の発電エネルギーを減らすことができ、ゴミ捨てに使う指定ゴミ袋を節約できます。

不用なものは潔く断る

ゴミを減らすための行動として、3R(リデュース・リユース・リサイクル)はよくいわれていますが、それにプラスして5R(リフューズ・リペア)という言葉があります。5Rのなかの「リフューズ」は、日本語でいうと「断る」の意味。これを実践するために、ゴミの元になるものをもらわないように心がけています。

使い捨てのカトラリー

たとえば、お弁当を買ったときについてくる割り箸。「なにかのときに使えるかな」ともらっておくこともできますが、「家で食べるのなら不要」と自分の心に断りを入れ、潔く断るようにしています。

かさを減らす工夫でゴミ捨てをラクに

プラゴミ

コンパクトにまとめたプラごみ

プラゴミをゴミ袋にポイ捨てすると、ゴミ袋にムダな空間ができてしまうので、袋の中に隙間をつくらないように、半分に切って重ねるなどしてゴミ袋の中に収納するように詰めています。こうすると、ゴミのかさは格段に小さくなります。ゴミ袋自体も小さなものですみます。

生ゴミ

ジッパーつき袋にごみを入れる

とくに生ゴミのニオイが気になる夏場は、捨て方にもひと工夫しています。生ゴミなどを入れた袋を、ジッパーのついた食品のあき袋に入れます。

ジッパーつき袋にごみを入れる

さらに、それらをいくつかまとめて大きめのジッパーつきビニール袋に入れます。こうすると、次回のゴミ捨てのタイミングまで、生ゴミ臭を気にせず保管することができます。あき袋も有効活用できるので一石二鳥です。

資源ゴミ

食品トレーやペットボトル、缶などは、スーパーの回収ボックスに持ち込んでいます。そうすると、家にゴミを置いておかずにすむうえ、ゴミ袋を使って捨てる必要もなくなるので、ゴミ袋の節約にもなります。最近は、回収時にポイントがつくところもあるので、探してみるのもいいですね。

100均のファイルケースをごみ箱に

こうした工夫を重ねることで、生ゴミもプラゴミも本当に少なくなりました。おかげで、ゴミ箱自体も100均のファイルボックスで十分に。ゴミ捨て作業が格段にラクになりました。

子どもとゴミについて考えることも大切

ゴミの始末を大人だけがやっていると、子どもはなにをどう分別していいか覚えないうちに大人になってしまいかねません。未来を担う子どもにこそ、ゴミの捨て方を身につけてほしいので、一緒に作業するのがおすすめです。ゴミ捨ても家事シェアすることで、だれかがやってくれるのではなく、自分ごととして取り組むようになります。

片づけ作業で一気に不用品を処理すると、暮らしやすくなりますが、地球はゴミ箱ではありません。最終的にゴミになるようなものは、初めから家に入れない。そのことで、片づける必要も手間もなくなり、結果的に暮らしの質が向上します。捨てるものを買うのではなく、使うものを買うことで、家計費の節約にもなります。今一度、ゴミの捨て方から見直してみませんか?

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中