家事

安藤佳世子安藤佳世子

一日5分の「ながら片づけ」で、忙しい人でもいつの間にか部屋がきれいになる習慣

時間がなくて、畳まれていない洗濯物

日々の忙しさに追われてなかなか家の片づけまで手が回らない!そういう人は多いでしょう。それは、一気に終わらせようとする、片づけ方をしようとするから。日常のなかで、時間をかけずに少しずつ片づけていく習慣を身につければ解決します。

北欧式整理収納プランナーの安藤佳世子さんが、みずからも実践している、時間がない人でもラクに片づくアイデアを紹介します。

雑然とした部屋のイライラも、短時間片づけで気分スッキリ!

短時間の片づける習慣を身につけるだけで、部屋も気分もスッキリ

仕事や家事、子育てなどに忙しすぎて、片づける余裕がない。そういう人は、休みになったら、時間があいたら、片づけようという気持ちだけを引きずりがち。慢性的に片づいていない部屋にイライラを感じてしまいます。

このタイプは、ものを置きっぱなしにして点在させてしまうので、必要なときにものが見つからず、ついつい買い足してしまいがちです。また、いざ片づけをしようと思うと片づける範囲が広く、どこから掃除を始めればよいのかわからなくなってしまい、また日頃の疲労感もあり片づけ意欲が無くなり達成できずに終えてしまいます。

休みになったら掃除をしようという考えを捨てて、まずは日常の生活の中でできるちょっとした片づけから始めましょう。一日のなかで5分だけ、片づけやなにか処分する時間をつくるなど、ルールを決めます。

短時間の片づける習慣を身につけるだけで、部屋も気分もスッキリします。ここからは、筆者も実践している、忙しい日常が少しラクになる、おすすめの整理収納ワザをご紹介したいと思います。

毎日5分だけ!「ながら片づけ」をする習慣を身につける

夕飯の片づけついでにできるシンクの掃除

休みになったら片づけよう!と思うから大変になってしまうので、毎日5分と時間を決めて短時間の「ながら片づけ」の習慣を身につけます。なにか1個または1か所と決めて整えることで、休みに大掃除をすることなく、精神的にも余裕を持つことができます。そこで筆者が実践している「ながら片づけ」をご紹介します。

歯磨きしながら、片手で洗面掃除

いつも歯磨きをしながら、あいている片手で郵便物のチェックや、手洗いシンクをササッとふくことをしています。洗面台回りの片づけも、数分あればかなりできます。

夕飯の片づけついでに、シンクを磨く

毎日ではありませんが、数日に1回のペースで夕飯の片づけついでにシンクを洗っています。また、魚料理をしたあとは、ニオイが残りやすいので、あと片づけのときに洗うように決めています。

毎日の床掃除をしながら、壁やドアをササっとふき掃除

ホコリが気になる床は毎日掃除機をかけていますが、ポケットにフロア用ドライシート入れて持ち歩き、気になる汚れやホコリなど、掃除機をかけながらその都度ふくようにしています。掃除機の行き届かないところや、壁やドアなどにたまっているホコリをササっとふけるので便利です。

テレビを見ながら、粘着ローラーでソファやラグをきれいに

テレビを観ている間でも、手を動かすことは可能です。ソファやラグを粘着ローラーできれいにしたり、クッションを整えたりすることだけでもできます。また、観葉植物をテーブルに置いて葉の汚れをふき取りながらテレビを観ることも。

調理中は、キッチンのながら片づけのチャンス!

朝のパンを焼いている時間、夕飯の煮物を炊いている間など、調理中もやれることがいっぱいあります。朝から掃除!?と思うかもしれませんが、パンを焼いている間に冷蔵庫の一段だけ掃除するなど2、3分でもやれることを探します。

煮込み料理などは時間がかかるので、オーブンレンジの中をふき掃除したり、トースターのパンくずを捨ててきれいにしたりと、キッチンで短時間でできることを実践しています。

片づける範囲は小さいのですが、短時間でできることを積み重ねていくことがポイントとなります。

家になくても大丈夫だな、と思うものをなくすことも大事!

バスマットを敷いていない床

仕事をしていると、週末の家事がたまりがちです。おすすめしたいのが、バスマットやラグを敷くことをやめること!大きな洗濯物を減らすことで、週末の大量な洗濯仕事を減らすことができます。

筆者宅でも、浴室内で全身をふくことで、バスマットが必要だと感じなくなりました。今ではバスマットを洗う手間が省けて助かっています。これは家になくても大丈夫だな、と思うものをなくすことも大事です。

●教えてくれた人/安藤佳世子さん
北欧式整理収納プランナー、アロマテラピー1級。実家を二世帯住宅に建て直し「よりよい暮らし」をつくるため家やインテリア、生活について発信中