クイズ

Sumai編集部

やっと見つけた土地が建築条件付き。この場合、ほかの施工会社で建てるのはダメ?

建築条件付き土地
条件にあった土地がないかと探していると、「建築条件付き土地」という言葉を目にすることがあります。簡単に言うと、「この土地を買ったら、指定の施工会社で家を建ってください」という土地のこと。

今回は、この建築条件を、はずすことができるかという問題です。

あなたは、不動産会社Aが販売していた土地が気に入りました。Aから、土地を購入する場合、3か月以内にAが指定する施工会社Bに、建築を発注する必要があると説明を受け、土地の売買契約を結び、手付金を支払いました。この場合、ほかの施工業者に依頼することはできないのでしょうか?

では、さっそく答えを解説していきます。

建築条件付き土地の売買契約は、建築請負契約と一体化している

不動産会社からの説明

正解…法律的にはできない。土地の売買契約を解除される可能性が高い

「建築条件付き土地」とは「一定期間内に指定の施工会社で家を建てる」条件のもとで購入が可能な土地のことです。

土地の売買契約を結んでから一定期間(この場合3か月)内に、家の間取りや、仕様を決めて、指定された施工会社と請負契約を結ばなければなりません。

専門的な言い方をすると、建築請負契約の成立により、土地の売買契約の効力が発生することになります。

買主であるあなたは、この建築請負契約を強要されることはありません。しかし、条件とは異なる、ほかの施工業者に発注することはできません。もし、そうしたいと申し出た場合、不動産会社Aは、土地の売買契約を解除する可能性が高いでしょう。

ですから、法律的には、「できない」が正解となります。

一定期間内に施工業者と契約が結ばれなかった場合は?

施工会社からの見積もり

ほかの施工業者に依頼することは、法律的にできないということで、指定の施工業者に相談したとします。

しかし、上がってきたプランが気に入らない、予算に収まらないなどの理由で、定められた期間内に建築請負契約が結ばれなかった場合はどうなるでしょうか?

このようなケースでは、不動産会社Aも、土地の売買契約を解除することができます。ただし、手付金は買主であるあなたに返却され、違約金や損害金も発生することはありません。

ダメもとで交渉する余地はある

家づくりの交渉

建築条件付き土地の場合、建物と一体となっているので、土地の値段を安めにして建築費に乗せているケースも多いようです。建築費とのトータルの金額から利益を出そうという考え方です。

ですから、建築条件を外してその値段で土地を購入したいという交渉は、難しいという側面があります。

そのような理由から、土地代を増額することで、外すことができたケースも散見されています。

また、どうしても、短い期間では、施工会社が提案するプランを微調整する程度になってしまいます。請負契約を結ぶまでの期間を延長するように交渉し、納得のいくプランにするという方法もないとはいえません。

しかし、原則は、当初の契約にもとづき、指定の施工会社に依頼しない場合や、一定期間(3か月)内に契約が結ばれなかった場合は、いくら気に入った土地でも、売買契約は解除されると思ったほうがいいでしょう。

道路に少ししか面していない土地に、家が建つか知りたい人はこちらも!

接道義務
これって違法?道路に接する幅が1.5mの敷地に、家が建つか解説。意外な事実も

画像(図以外)/PIXTA