家事

よしママよしママ

ブラパッドを掃除に使うと便利すぎ!便座、洗面台、フライパンに…使いこなし術を紹介

ブラジャーについているパッド

ブラジャーの中についている、パッド。片方だけ行方不明になったりして、タンスにたまっていたりしませんか。必要かもしれないと、捨てるタイミングを逃してしまったブラパッドは、じつは掃除に活用する方法があるんです!掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに、おすすめの活用法や掃除場所を教えてもらいました。

ブラパッドが掃除に便利な理由

ブラパッド

ブラパッドは、古布よりも厚めで、はりがあります。そのため持ちやすく、掃除していても手が痛くなりにくいというメリットが。手におさまる大きさなので、わざわざハサミでカットせずにそのまま使えるというのも便利なポイントです。使わなくなった下着からパッドを外すだけで、すぐに掃除に使えます。

ブラパッドの素材は、ナイロン、ポリエステル、コットン、ポリウレタンなどがあげられます。また通気性のないジェル、マイクロビーズ、シリコンパッドなどもあります。

筆者が掃除に使うのは、通気性のあるタイプ。キャミソールや水着などについていた薄い生地のものと、ブラジャーに入っていたクッション性のあるもの。この2つを活用していきます。

ここで注意を。ブラパッドはニオイがつきやすいので、洗濯した状態で使いましょう。

傷つきやすい便座も優しく汚れが落とせる

ブラパッドで便器を掃除

トイレの便座は、トイレットペーパーでふき取ると傷がつくことがあるので、ブラパッドがオススメ。ブラパッドに洗剤を吸わせて、便座を優しくふき取ると、汚れが集まってきます。便座のつけ根の隙間掃除にも対応できます。

洗濯機の隙間にたまった汚れにも手が届く

洗濯機の隙間を掃除

パッドは、古布より生地にはりがあるので、隙間掃除に使いやすいです。洗濯後に、乾いたブラパッドでふき取れば、隙間に入り込んだホコリ取りが簡単!布の端を使えば隙間の奥まで入り込んで、汚れをかき出すことができます。

洗面台や蛇口もサッと掃除できる

洗面ボウルを掃除

毎日使う洗面ボウルは、すぐに汚れやすい場所のひとつ。薄い生地のパッドは、ボウルの汚れをサッと落とすことができます。

水栓をふき掃除

蛇口についた水アカ汚れも、すぐにピカピカになるので時短でオススメ。蛇口のつけ根の隙間には角がフィットして便利です。

排水口のゴミが取りやすい

排水口のゴミ取り

水着のブラパッドは薄手でもしっかりしているので、ゴミをつかみやすいです。またクッション性のあるポリウレタンのものは、厚みがあるので手が濡れにくく、オススメです。

廃油取りにも便利

ブラパッドに廃油を吸わせる

クッションの入ったものは、油をたっぷり吸ってくれるので便利です。もちろん皿やフライパンの油取りにも使えます。袋に入れて捨てるときに、水分を少し入れて密閉しておくと、発火防止になります。

レールにたまった汚れをかき出せる

サッシレールの汚れをかき出す

隙間掃除でやりにくい場所といえば、サッシレール。薄い布で掃除すると手が痛くなることがあります。その点ブラパッドは、厚みがあるので、ケガすることなく汚れをかき出すことができます。

夏はブラジャーも汗でニオイがつきやすく、新しいものに買い替えが必要になることも。古いブラのブラパッド、そのまま処分するのはもったいない!ぜひいろいろな場所の掃除に活用してみてください。

●教えてくれた人/よしママさん
元小学校・家庭科教諭。時短&家族にやさしい掃除、洗濯を日々研究し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で発信。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)