収納術

ワトコワトコ

食器棚を占領しがちなカップやグラスを、使いやすくおしゃれに収納するアイデア

ティーセット

食器のなかでも形が立体的で、重ねてしまいにくいティーカップやマグ。数が多いと、収納場所を占領してしまいがちです。そんな困りものアイテムを、インテリアとして楽しんだり、使いやすく収納したりするワザなどを、インテリアブログを主宰するワトコさんに教えてもらいました。

ディスプレイ収納する

カップ&ソーサー

よく使うカップ&ソーサーなら、カフェのようにディスプレイ収納するとすてきです。キッチンの飾り棚などに置けば、食器棚にしまう必要がなくなるので、その分ほかの食器をしまえる余裕ができます。

インテリアに合わせたものを選べば、おしゃれなアクセントにもなります。

仕切りのある棚に雑貨感覚で飾る

ティーカップをディスプレイ収納

同じく、見せ収納にするアイデアです。仕切りのある棚に飾ると、さらにインテリア要素が強まります。季節に合わせて飾るアイテムを変えるなど、インテリア雑貨のように楽しむのもおすすめです。お気に入りを大切にしまい込んでいると、使う機会を逃してしまうこともありますが、目に見えるところにあれば、出番も増えて使いやすいです。

100均のカゴやバスケットで収納

カゴに収納した来客用食器

来客用のティーカップなど、出番が少ないものなら、食器棚にしまわず吊り戸棚などに片づけておくと、普段使いする食器を置くスペースを確保できます。

わが家で使っているのはダイソーのメッシュカゴ「ホワイトトリムバスケット」。サイドの部分がメッシュになっているので通気性がよく、正面からは中身が見えないので、ごちゃつきも気になりません。

カップとソーサーをあえて別にしまう

ソーサーとティーポット

カップ&ソーサーを片づけるときに、ひとまとめにしておく必要はありません。カップと合わせて使う機会は少なくても、スイーツを食べるときなどに、ソーサーだけ使うこともありますよね。セットものだからと一緒にしまわなくても、使う頻度に合わせて収納する場所を決めておくと、便利に普段づかいできます。

つり下げホルダーで隙間収納

マグカップをつり収納

食器棚などのあきスペースに、つり下げホルダーを使って収納するのも便利。ホルダーは、100均のほかイケアやニトリなど雑貨系の人気店でも取り扱っています。つり下げたいカップが取り出しやすくおしゃれに見えるものを選んで、うまく隙間に配置させましょう。

引き出しは仕切りを使って収納

マグ類の引き出し収納

引き出しに収納するときは、仕切りを使ってある程度固定の収納場所をつくっておくとよいです。たとえば、たまに使うグラスはできるだけ奥側、よく使うマグは手前など。絶対にそこにしまわなくてもよいですが、固定化しておくことで片づけへの意識が高まります。

また引き出しの中は余裕があるくらいがちょうどよいです。詰め込みすぎると取り出しにくく片づけにくくなってしまうため、常に容量が70%以下になるよう心がけましょう。

普段づかいのグラスはカゴにひとまとめ

グラス収納

食卓でよく使うグラス類はまとめてカゴに入れておくと便利です。晩ご飯の準備の際にもワンアクションでダイニングテーブルまで運ぶことができるので、お手伝いもお願いしやすいです。家族分のグラスをセットしておきましょう。

カップやグラスは、必ずしも食器棚にしまわなくてもOK!お気に入りのものは、インテリア雑貨として見せ収納。普段づかいのものは、取り出しやすさを優先したしまい方がベストです。アイテムごとに収納方法を工夫してみてください。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中