クイズ 連載

Sumai編集部

「殺ぐ」読める?やる気をなくしちゃうことや、ゴボウやヒゲの処理でも使います

読めそうで読めない「殺ぐ」
殺人、殺す。物騒な言葉ですよね。この読み方だとすると「さつぐ」か「ころぐ」ですが…違います。子どもの頃、さあ勉強しようと思った矢先に、親から「勉強しろ!」なんて言われて、こんな気持ちになったこと、きっとあると思います。

さてなんと読むでしょう?

興味や関心を奪われたときに、使うことが多い言葉

やる気を殺がれる

「敵の気勢を殺ぐ」「興味を殺がれる」というような使い方をします。勢いとかやる気、関心などを奪い去るような意味で、使われることが多いです。

会社やPTAでも、「楽しくない仕事で、やる気が殺がれてしまった」というようなこと、あると思います。

殺されてしまうわけではないけど、力やモチベーションが下がるような表現。
なんと読むか、わかりましたか?

「ゴボウを殺ぐ」という使い方も!

ヒゲを殺ぐ

正解は「そぐ」です。

「殺ぐ」は「削ぐ」とも書きます。意味は同じです。

「カミソリでヒゲを殺ぐ」というように、突き出た部分を切り落とす意味でも使います。また「竹を殺いで楊枝をつくる」とか「ゴボウを殺いできんぴらをつくる」というように、斜めにけずったり、薄く切ったりすることも「殺ぐ」と言います。

「殺ぐ」は、殺人事件とはまったく関係ない、ふだんの平和な会話のなかでも、けっこう使われているのです。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「態と」
「態と」読める?この態度をとられると、すごくムカついちゃうことも

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE