暮らしのコツ

田川瑞枝田川瑞枝

50代からの暮らしはワンフロアで!家事がラク、省エネに、家族の会話も弾む

ワンフロアのマンション暮らし

「家族で暮らすときは個室をたくさんつくれる2階建てが便利。でも、夫婦ふたり暮らしになると、部屋数も少なくてすむので1階でこと足りる」。そう話す50代も少なくありません。

ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんも、ワンフロアのマンション暮らし。日々実感している住み心地のよさを教えてもらいました。

家族のコミュニケーションがとりやすい

ワンフロアのマンション

2階建て以上の暮らしには階段が必須です。プライベートな空間を確保するのに、2階、3階は便利ですが、50代以上になると、毎日の階段移動がおっくうになってきがちです。

「子どもが独立してから、子ども部屋のある2階に上がることがなくなった」「年をとってくるとわざわざ2階にものを取りにいくのがおっくうになる。平屋にすればよかった」という話もよく聞きます。

わが家はマンションなので、初めから平屋のような暮らし。上下の移動がなくて毎日の暮らしがスムーズです。それと同時に、家族が同じフロアにいるので、コミュニケーションがとりやすいのもメリットです。とくに、子どもたちと暮らしていたときは、リビングにいても玄関から「ただいま」の声が響き、自室に入っても気配を感じることができました。

冷暖房のロスが少なく省エネに暮らせる

階段や吹き抜けがあると、暖かい空気は2階にのぼるので、夏は暑く、冬は階段から暖気が逃げていく、ということも。その分、冷暖房費がかさみます。平屋は、その心配がないので、どの部屋も同じ温度が保ちやすいです。

わが家は、窓が南北に開いているので、各部屋の窓を開けておくことで風通しがよく、家の中を風が吹き抜けていきます。

ドアストッパー

ただ、引き戸は問題ないのですが、ドアを開けっぱなしにすると、風向きによっては勢いよくドアが閉まることもあります。危険を回避するために、ドアストッパーを各部屋に設置して、窓を開けている間はドアを固定できるようにしています。

また、魚を焼いたり、焼き肉をしたりすると、各部屋にニオイが流れていくので、家じゅうに生活臭が漂うのは気になるところです。

家事や模様替えがラクにできる

段差のないドア

私は模様替えが好きなので、A室で使っていた家具をB室に移動することもしょっちゅうあります。そんなときも、ワンフロアなので動かす労力も最小限ですみます。

家事がラクなのもポイント。階段掃除がない、掃除機やフローリングワイパーを一気にかけられる、洗濯物を干すのに2階のベランダに移動する、という必要がないのはとてもラク。

浴室

そして、生活に必要なキッチン、バスルーム、洗面所、トイレが寝室のそばにあり、生活圏がワンフロアで完結しているので、移動に無理がありません。

家族が多いときは、戸建てのような広さがなく、ちょっと狭さを感じることもありましたが、マンションのワンフロアでの暮らしは、年齢を重ねてくると、ますますありがたく感じています。

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中