お宅拝見

shiga asakoshiga asako

玄関土間、パントリー、ウォークインクローゼット。ゆったり収納&LDKのマンションリノベ

海外の家具やアートが映えるダイニングキッチン

リノベで人気の収納スペースである、玄関土間、パントリー、ウォークインクローゼットを採用。家具のような端正な造作収納も随所に設けた根田さんの住まい。収納スペースも充実しています。長く滞在していた海外からの帰国に伴い、以前から所有していたマンションをリノベーションした根田さん。好みの内装に一新するとともに、収納スペースを増やすことがテーマとなりました。

グレーの面材の造作収納が空間に溶け込むリビングダイニング

モダンな家具が目を引くダイニング

最上階で日当たり抜群の根田邸。「眺望のよさも気に入っています」というダイニングは、インテリアをじっくり吟味して、ダイニングテーブルは海外から取り寄せたそう。海外に住んでいたときに購入したアートが映える空間です。

ダイニング側にグレーの面材の収納を造作

窓からの景色を眺めながら調理ができるキッチン。住まい全体の雰囲気に合わせて、明るめのグレーに塗装したラワン材の収納を造作しました。つり戸棚は梁の下のラインにそろえて設けることで、圧迫感を抑えています。

家電置き場として重宝しているキッチン背面の収納スペース

家電置き場として重宝しているキッチン背面の収納スペース。凹凸のない美しい収まりは、スペースに合わせた設計ならではです。

グレーの面材でテレビボードを造作したリビング

ダイニングとひと続きのリビングにも、グレーの面材でテレビボードを兼ねた収納を造作。エアコンはルーバー状の部分に収めました。落ち着いたグレーに赤いレザーのソファーがよく映えます。

ガラスの引き戸で開放感のある廊下に

リビングから玄関までの廊下幅を広くして、ゆとりのあるスペースに。ガラス入りの引き戸は閉めても光が届くので、開放感があります。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
本人(60代女性)

▼リノベを選んだ理由
海外からの帰国後の住まいとして、以前から所有していた物件を暮らしやすく整えるためリノベーションした。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/98.83㎡

ベンチも備えた多目的に使える玄関土間は、パントリーにつながる

室内へ2つの動線がある玄関

根田邸の玄関を入ると、正面にリビングへ続く廊下があり、さらに右手には玄関土間経由でキッチンにアクセスできる動線も。

ベンチやアウター用クロゼットを造作した玄関土間

玄関土間には木製のベンチを造作。荷物の一時置きやちょっとした休憩スペースとして重宝しています。アウターやスーツケースをしまえるクロゼットも設置。

扉を閉めるとスッキリする玄関土間のクロゼット

玄関土間のクローゼットは、普段は扉を閉めてスッキリと。居室と同様、収納の建具には明るいグレーを採用しました。壁のように見えますが、左手はシューズ専用クローゼットになっています。

玄関土間とつながるパントリー

キッチン側から玄関土間を見たところ。「部屋の数を整理して収納を増やしたかった」という根田さん。右側をパントリー、左手前を食器用スペースとしました。玄関土間とパントリーがつながっているので、買い物から帰ったら、買ってきたものをすぐ定位置に収納できます。

棚板をL字型につけたパントリー内部

パントリー内部には棚板をL字型に設置。棚板の奥行きを変えて、収納するもののサイズによって使い分けています。

どこに何があるか一目瞭然の食器収納スペース

こちらは食器用の収納スペース。キッチンからアクセスしやすい場所にあって便利です。棚全体を見渡せるので、どこになにがしまわれているかが、ひと目でわかります。

扉を閉めて目隠しできる左右の収納スペース

左手のアウター用クローゼットと食器用の収納スペース、右手のパントリーの扉をすべて閉めたところ。普段はこんな風にスッキリと暮らせます。

寝室や洗面室にもたっぷり収納スペースを確保

大容量のウォークインクローゼットを新設した寝室

寝室内の既存の収納スペースを拡張して、大容量のウォークインクローゼットに変更。引き戸やドアは開け放しておき、いつもワンルーム感覚で暮らしています。

寝室内に設けたウォークインクローゼットの内部

ウォークインクローゼットの内部には正面と左側にハンガーパイプを設置。右手には収納家具を置いて、たたんでしまう衣類を収納しています。姿見もあり、クローゼットの中でコーディネートチェックまで完了!

ピアノの練習にも使っているゲストルーム

北側にあるもうひとつの個室はゲストルーム。ピアノの練習にも使っています。

横幅をたっぷりとったオリジナルの洗面台

幅をたっぷりとって、メイクができるスペースも設けたオリジナルの洗面台。ミラーキャビネットを採用し、収納スペースも十分です。

土間玄関の窓辺に造作したベンチ

北側の1室を玄関土間につくり変え、新たに玄関→リビングと玄関→キッチンの2WAYの動線ができた根田邸。リノベのテーマのひとつだった収納不足が見事に解消されました。リノベで内装も好みのイメージに一新。生まれ変わった住まいで、久しぶりの日本での暮らしを楽しんでいる根田さんです。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図

リノベーション前

リノベーション後の間取り図

リノベーション後

設計/Tsudou Design Studio(須藤剛建築設計事務所)
新築から中古リノベ、戸建て住宅や商業施設まで手掛ける設計事務所。「人と場所のストーリーを紡ぐようにつくる建築」をテーマに、既成概念にとらわれない家づくりを行う。住み手と価値観を共有し、相互理解のうえプランニングを進めることを大切にしている。

撮影/相澤利一 ※情報は「リライフプラスvol.41」取材時のものです