クイズ 連載

住まいの設計編集部

「法面」読める?これがある敷地を購入するときには、危険がないか確認を

読めそうで読めない「法面」

そのまま読むと「ほうめん」。一寸法師のお面のこと?読み方も意味も全然違います。土地探しをしていると、よく出てくる言葉です。住宅街の坂道を歩いていると、きっと目にしている「あの部分」です。

さて、なんと読むでしょう?

災害のニュースでは、この部分が崩れる映像が流れることも

造成地の法面

法面とは、宅地の造成や道路建設で、切土(きりど・平らな土地にするために地面を削ること)や盛土(もりど・平らな土地にするために土を盛ること)により、つくられた人工的な斜面のことを言います。

丘陵地に造成された宅地に行くと、コンクリートの擁壁(ようへき)で補強された、ひな壇状に住宅が建てられているのを目にしますね。あの部分は、まさに法面です。高速道路の両側が、コンクリートや芝生が敷かれ、斜めに立ち上がっている場所ありますよね。それも法面です。

法面のある敷地を購入するときは、よく確認を!

造成中の法面

正解は「のりめん」です。

不動産用語としては、傾斜が急で、実際に宅地として使用できない斜面部分を法面と言います。
土地を販売する際に、面積の30%以上が傾斜地(法面・法地)の場合、広告には傾斜地を含む旨とその面積を、記載しなければならないことになっています。

古い法面

また、このような土地は、法面の擁壁が古くて劣化しているなどの理由で、補強工事が必要になるケースもあります。大きな出費になりますから、しっかりチェックすることが大切です。

また、急傾斜地の崩壊による災害や、地すべりなど、災害が起こる可能性がある地域は、土砂災害警戒区域・特別警戒区域に指定されています。

この指定を受けている場所は、建築上の制約を受けることも。重要事項説明書にも明記される内容ですが、購入を検討するときは、しっかり調べて検討してください。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「狗尾草」
「狗尾草」読める?あき地や公園でよく目にするあの草の名前が、これだったなんてビックリ

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

人気連載

READ MORE