ペットと暮らす

Sumai編集部

鈴木砂羽さんの猫と楽しむ暮らし「血沸き肉騒ぐみたいな感じで、かなりにぎやかです」

毎日早朝には決まって2匹の大運動会がスタート

ペット大好きな女優の鈴木砂羽さんに、猫がいる暮らしの魅力や日々感じる幸せについて伺いました。鈴木さんが一緒に暮らすのは、長足マンチカンのメルシィ(8歳、メス)とハチ(7歳、オス)の2匹。ご自宅の様子も公開します。

わが家の大事な家族を紹介します!

レアショット

2匹との3ショット

2匹との3ショット! 何度も挑戦してやっと撮れた奇跡の1枚。

シンクロしてくつろぎ中

ベッドに寝転んでいるメルシィ&ハチ

ベッドに寝転んでいるメルシィ&ハチ。仲よし姉弟はいつも一緒。

脚クロスしてますけど…

靴下脚を交差させているハチ

靴下脚を交差させているハチ。トラの置き物と相まってかわいさ倍増。

お股猫

鈴木さんの脚の間でリラックス中のメルシィ

鈴木さんの脚の間でリラックス中のメルシィ。腕枕ならぬ、脚枕。

家にいるときはいつもべったりな2猫とのにぎやかでかけがえのない日々

マンチカンのメルシィとハチの2匹と一緒に暮らしている鈴木砂羽さん。猫界のダックスフントといわれる、短い脚が特徴のマンチカンですが、遺伝子の優性、劣性により、短足、長足のタイプがいて、2匹はどちらも長足タイプ。友人であるモデルの栗原類さん宅で生まれました。

「遊びに行ったら、ずっと私のひざの上に小さな黒猫が座っていて。それがメルシィでした。あまりにかわいいので、家族に迎えることに。その1年後に生まれたのがハチです」

遊ぶことに目がない2匹。メルシィは鈴木さんのヘアゴムをくわえて持ってきては投げてもらう遊びを、飽きることなく何度も繰り返すのがお気に入り。一方のハチは壁や床に映った光を追いかけるレーザーポインター派と、遊びの好みがはっきり分かれているそう。

「性格も全然違って、メルシィはすごくツンデレです。ハチはおっとりマイペースで、びびりのくせに好奇心が旺盛」

そんな2匹は、鈴木さんがいる場所について回る甘えん坊で、いつも一緒。お風呂にもついてくるそうで「メルシィはふたの上に座って、1時間くらい一緒にくつろいでいます。ハチは水滴をなめにくるんだけど、長居はしませんね」。

毎日早朝には決まって2匹の大運動会がスタート。終わったら、鈴木さんの脚や腕を枕にして眠りに落ちるのだそう。

「血沸き肉騒ぐみたいな感じで、かなりにぎやか。おとなしくなってやっと安眠できると思ったら、宅配便のチャイムに起こされたり(笑)。猫様だから仕方ないです。でもそんなところもひっくるめてとにかく愛しいです」

●鈴木砂羽さん
1972年生まれ。1994年に映画『愛の新世界』で主演を務めデビュー。ブルーリボン新人賞やキネマ旬報新人賞などを受賞。ドラマ、映画、舞台以外にもバラエティ、マンガの執筆など幅広いジャンルで活躍中。

イラスト/masami kaneko ※情報は「リライフプラス vol.42」掲載時のものです