家事

よしママよしママ

床やカーペットに落ちた髪の毛がガッツリ取れる。ダイソーのラクチン掃除グッズ5選

髪の毛がガッツリ取れるおすすめのグッズ5選

秋は、夏の紫外線のダメージや、換毛期にあたるので抜け毛が増えやすい時期です。昼間のうちに掃除機がけしていても、夜には髪の毛が床に落ちていて目立つことも多いのでは。

「そんな困った抜け毛ゴミは、ダイソーグッズで効率的に取ることができるんです」と語るのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。ロングセラーも含め、便利な5つのグッズと使い方を紹介します。ペットを買っているお宅も参考になりますよ!

フローリングドライシート

フローリングドライシート

床掃除に便利なフローリングワイパー。髪の毛をとるのには、ウェットシートより、ドライタイプのシートがオススメです。とくに凹凸タイプや、メッシュタイプが髪の毛をキャッチしやすいです。

ハンディモップ

掃除機がけの前にドライタイプで髪の毛とホコリを集めておくと効率的に掃除できます。夜間や忙しいときは、ワイパーぶきだけですませてしまうこともできます。

粘着シート スペアテープ フローリング用

粘着シート スペアテープ フローリング用

カーペット用の粘着シートは、常備しているお宅も多いと思います。フローリング用もあると、髪の毛ゴミが気になるけど、掃除機を出してまで掃除したくない、なんてときにサッと取り出してフローリング掃除できます。

ホコリやゴミは時間が経つと部屋の角、家具周りに集まってくるもの。そこを中心にコロコロすれば、効率的に掃除することができます。

フローリングにコロコロ

床にひっつくことなく転がしながら、細かいゴミまで取り除けるのでとっても気持ちよいです。ドライヤーを使用したあとの髪の毛を拾うために、洗面所に常備するのもオススメ。畳にも使えます。

マイクロファイバースリッパ

マイクロファイバースリッパ

お掃除スリッパは、薄手のものは履き心地が悪く、普段あまり履かなくなってしまいます。でもこのスリッパはクッションが厚めで履き心地がいいんです。また手洗い可能なので、衛生的。500円もしてお高めですが、少し高いのは納得です。大きめサイズなので男性でも履けると思います。

掃除機がけとマイクロファイバースリッパ

掃除機がけするときに、部屋の角のホコリや髪の毛をかき出しながら掃除するのに便利。床の髪の毛やザラザラがなくなります。

やわらかお掃除ブラシ

やわらかお掃除ブラシ

髪の毛は、床だけでなくクッションやソファ、カーペットなどにからまりやすいもの。でも掃除機を往復させるだけではなかなかとれません。

ソファのゴミをブラシでとる

そこで便利なのがゴムでできているブラシ。ブラッシングすると、髪の毛がブラシに引っついてとれるので、そのあと掃除機がけするときれいになります。これ、動物を飼っているお宅でも活躍しそう。お掃除スリッパや、モップにからまった髪の毛とりにも使えます。水洗いできるので衛生的。

隙間らくらくハンディワイパー

隙間らくらくハンディワイパーとフローリングドライシート

私も3年前から愛用していますが、ロングセラー商品で今でも売っています。フローリングシートをはさんで、隙間掃除ができます。

ハンディモップで隙間掃除

髪の毛は時間が経つと、どんどん隙間に入り込んでいきます。洗面所の隙間、洗濯機下、冷蔵庫下など人がよく通る場所、家具の下。このあたりが、汚れがたまりやすい場所です。普段なかなか届かない場所の掃除に使うと、ホコリ、ゴミ、髪の毛などがごっそりとれて気持ちがよいです。

ステイホームで家族の在宅時間が増えた分、部屋に汚れもたまりやすくなりました。便利なアイテムを上手に使って快適な空間を維持していきたいですね。

●教えてくれた人/よしママさん
元小学校・家庭科教諭。時短&家族にやさしい掃除、洗濯を日々研究し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で発信。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)