ニットをキレイに収納する裏技教えます!「丸める」「吊るす」で折りジワも解消

寒い季節に大活躍するセーターやカーディガンなどのニット類。
かさ張るニット類は引き出しにたたんで並べるように入れるのが理想的ですが、そんなスペースがない、という方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ニットを「たたむ」のではなく、「丸める」「吊るす」ことで折りジワもできにくく、綺麗に収納できる裏技を紹介!あわせて、「吊るす」場合でも伸びにくいハンガーの使い方も解説!
この2つの方法なら、収納量もアップできるのでぜひお試しを。

1.ニットは「丸める」で折りジワが出来にくく綺麗に収納!

20161122ohki-2
お店のディスプレイのようにたたんで棚に並べたり引き出しに入れたり、そのようなスペースがない場合は丸める方法がオススメです!

ニットの両袖を折り込んだら、あとは下からクルクルと丸めていきます。
20161122ohki-1

こうすることで、ニットを積み重ねて引き出しに収納しても折りジワがつきにくくなるんです。

深さのある収納なら、このまま立てて収納することも可能!

さらには収納量が格段にアップするのでより多くのニットを保管することができちゃいますよ!

 

2.ニットは「吊るす」収納なら、伸びたりシワになったりしない

20161122ohki-5

ニットもハンガーにかけて「吊るす」収納ができれば、選びやすいし、かさばらずに済みますね。

ただし、そのままハンガーに普通にかけてはニットの重さで全体が伸びてしまうので注意!
また、使用するハンガーによっては肩の部分が変な形に伸びて出てしまうことも!

この掛け方を覚えれば、ニットを吊るして収納することができちゃいますよ!

 

step1:ニットを半分にたたんでハンガーを写真のように置く。

20161122ohki-3

 

step2:袖の部分をハンガーに乗せ、身頃の部分を乗せて完成!

20161122ohki-4

これならビッグサイズのニットも安心してハンガーに吊るしておくことができます。今年流行のボトルネックなどのニットでも形に左右されることなく、吊るして収納できるのでオススメです!

 

いかがでしたか?

限られたスペースのクローゼットでも、収納方法によって収納量が変わってくるんです。効率良く収納できて、いざ着る時も快適!が両立できる裏技、ぜひお試しください。