暮らしのコツ

しかま のりこしかま のりこ

寒くても閉めちゃダメ!「給気口」を正しく使って健康を守り家の寿命を伸ばす

強い冬型の気圧配置が続く日本列島。年末年始も真冬並みの寒さが予測されています。
寒さが厳しくなると、暖房が逃げてしまうようで、つい閉めてしまいがちなのが、換気のための「給気口」。

今回は、家の性能に大きく関わる給気口の正しい使い方と、寒さを和らげる対策について。
でも、給気口を閉めてしまうといろいろと問題があること、ご存知でしょうか?こちらもあわせて解説していきます。

「給気口」は、人と住宅の健康のために設置されている

スムース / PIXTA(ピクスタ)

最近の住宅は、工法にかかわらず「高断熱・高気密」の住宅が主流となってきています。

しかし断熱・気密性が高くなると、塗料や家具に含まれた化学物質や生活臭、また水蒸気などの湿気が部屋にこもり、「シックハウス症候群」やカビ・ダニによるアレルギーなど、多くの健康被害と結露をおこします。

また石油ファンヒーターなどで暖房を行う場合は、一酸化炭素などの有害物質も発生します。

そこで、換気を良くして健康被害や結露を予防するために設置されたのが「24時間換気」と「給気口(排気口)」です。

ABC / PIXTA(ピクスタ)

名前の通り、24時間換気扇を回し続けることにより、約2時間で部屋の空気がすべて入れ替わるように換気設計されています。

平成15年7月1日以降に確認済証が下りた新築住宅には、この24時間換気システムの設置が法律で義務化されており、給気口は「常時開けておくこと」とされています。

 

給気口から逃げる熱は、窓から逃げる熱のわずか1/4だけ

Aozorairo / PIXTA(ピクスタ)

人と住宅の健康のために設置されている給気口。

でも冬になると、換気のための給気口から、寒い外の空気が入ってきますよね。

せっかく暖めた暖房が、換気で逃げていく気がしませんか?

でも、換気で熱が逃げる割合は全体の約15%で、窓から逃げる熱の割合(58%)の1/4程度です。

一般社団法人  日本建材・住宅設備産業協会HPより

給気口を開けて換気しても、熱の損失は思ったよりも少なく、

実際の室温はあまり下がっていないのです。

給気口からの冷たい風のせいで体感温度(人が肌で感じる感覚的な温度)が下がり、実際よりも寒く感じているだけなのです。

 

各部屋の給気口は必ず開けて、寒さ対策には窓の断熱を!

Aozorairo / PIXTA(ピクスタ)

また、給気口を閉めたまま24時間換気を作動し続けると、室内が負圧になり、サッシや玄関などが開けにくいなどの問題がおきます。

入ってくる空気が少ないのに、換気扇は部屋の空気を吸い続けるので、モーターにも過剰な負荷がかかります。

換気扇の状態をたとえて言うなら、マックシェイクを一生懸命吸っている感じでしょうか?疲れますよね。

anfisakameneva / PIXTA(ピクスタ)

このようなトラブルを防ぐためにも、給気口は必ず開けて、24時間換気システムを正常に作動させてください。

室内の寒さ対策には、熱がもっとも逃げる窓の断熱を徹底してみることをオススメします。

UYORI / PIXTA(ピクスタ)

簡単にできる方法としては、厚めの断熱カーテンを天井付近から床まで、窓の大きさよりも大きめに取り付けると効果的です。

NOBU / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか?
寒い冬になると、給気口を閉めてしまうご家庭も多いと思います。
しかし給気口を閉めてしまうと、化学物質や湿気が室内から追い出されず、深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。

家族の健康のためにも、給気口は必ず開けたままにして、冬を過ごしてくださいね。

(しかまのりこ)

【参考】
※ 一般社団法人  日本建材・住宅設備産業協会

  • B!