造り付け家具のテレビボード「メリットもあるけどリスクも大きい!?本当に必要?

最近では、内装に合わせた造り付け家具を設置されるお宅も多く見られます。
見た目スッキリ、建築時のローンに組み込めるなどのメリットもありますが、変更や移動はできないし、不要になると多額の撤去費用がかかってしまうデメリットもあります。

ここでは、設置には要注意!な造り付け家具「テレビボード」について。薄型テレビの普及により、造り付け家具が本当に必要なのかどうか、確認ポイントについて解説します。

技術革新の影響が大きい!規格が不安定なテレビボード。

kou / PIXTA(ピクスタ)

2003年から2004年にかけては、テレビが大きく姿を変えた年でした。

従来のブラウン管に代わり、薄型テレビが市場に登場したためです。

大手電機メーカーが次々を新作を投入し、家電売り場があっという間に薄型テレビに埋め尽くされたことを覚えている方も多いでしょう。

そして、家具にも大きな変化が起こります。

そう、テレビボードの規格が一変したのです。

 

置き方に特徴があった、ブラウン管テレビ。

ENO / PIXTA(ピクスタ)

ブラウン管テレビを載せるためには600ミリ程度の奥行きが必要でしたが、薄型テレビでは450ミリあれば十分です。

実は、この変化によって実質的に消滅しつつあるテレビボードがあります。

それは“コーナーボード”と呼ばれ、かつて人気を博したテレビボードの形です。

このコーナーボードは、ブラウン管のような奥行が大きいテレビを置くための家具として人気がありました。

お部屋の隅に斜めに置くことで、できるだけ奥行きを感じさせないようにテレビを設置できたのです。

空間的には効率の悪い置き方ですが、600ミリという奥行きはそれだけ圧迫感のあるサイズだったんです。

薄型テレビでは、わざわざスペースを取るコーナーボードを使う必要はありません。

壁に沿ってまっすぐ置けば省スペースで置けてしまうからです。

したがって薄型テレビの普及にともなって生産数は少なくなり、今ではあまり見かけなくなりました。

ブラウン管テレビが全盛期の時代は、“造り付け家具”という概念自体があまり一般的ではありませんでした。

そのため「コーナーボードを造り付けてしまった」という方はかなり稀だと思います。

それでも、もし当時から造り付け家具が流行していたら……。

そう考えると、この「ブラウン管から薄型への規格変更」というのはなかなかゾッとする出来事です。

 

今後の規格はどうなる?

現在のはテレビの主流は置き型ですが、薄型になったことで壁掛け型も珍しいものではなくなりました。

テレビ自体にハードディスクを内蔵し、録画や再生のための機器が不要なモデルもあります。

このような壁掛け型(かつ周辺機器が不要なモデル)でも見た目のバランスからテレビボードを用意する方も多いのですが、もはや必需品ではありません。

また、パソコンやスマホの台頭による“テレビ離れ”という言葉が象徴するように、そもそもテレビを置かないという家庭も出てきています。

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

「数年前まではよく見ていたけど、そういえば最近ほとんど見ないね。」という方もいらっしゃるでしょう。

そして今後、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった映像技術が進歩すれば、

もしかしたら各々がヘッドマウントディスプレイを装着して映像を楽しむ時代になるかもしれません。

そうなった時、もはやテレビボードは無用の長物。

かつてのコーナーボードのような運命を辿るかもしれません。

それが造り付けだったとしたら、固定されているだけに取り扱いにとても困ることになりますよね。

時代の流れに応じて形の変化が激しい家具は、造り付けではなく置き型で対応するのがベターです。

【後編】では、ダイニングルームやリビングルームでよく見かけるあの造り付け家具についてお伝えします。