連載
新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます

土地探しのコツ【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

 

なんで土地って、あんなに高いのでしょう……。

しかも同じような条件の土地でも、数百万の差があったりしますよね。

国土交通省さんが公表している「取引価格情報」を見れば、知ってしまいます。

「過去に、同じエリアで、こんなに安く土地を買った人がいた!」という事実を。

やだ、こわい……。

スーパーで「今日は納豆がお買い得だったわ~」などと喜んでいる場合じゃありません。

自分達が無知であるせいで、数百万単位の節約ができるチャンスを逃してしまうのかもしれないのです!!

「不動産屋さんの恥ずかしい過去を調べて、ゆすれば、安く買えるだろうか……」などと妄想したりもしましたが……。

妄想に逃避するのはやめて、堅実に「どうしたら良い土地をより安く買えるか」をいろいろ調べました。

すると優良物件情報を入手するコツが見えてきました。

 

※ 過去の記事を読む

 

■物件情報は「レインズ」に登録される!!

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて、暮らしている鳥と申します。

トイレットペーパーを買うにも、ネットの海を調べまくり、送料込みで一番安いショップで買い物するケチ……ゴホン、堅実な奥様でございます。

ちなみに100ロールで1,700円(送料込)という破格の商品をゲットしたのに、

宛先を旧住所にしていたため、転送料1,000円を取られたときは泣きました。

そんな鳥が鳥夫に引きずられ、地価の高い都心の土地探しですよ。

「少しでも安く買わねば!!」と必死に調べましたね。

すると以下のようなことがわかりました。

売主から渡された物件情報は、まず基本的に「レインズ」というコンピュータ・ネットワーク・システムに登録される

そして数多の業者さんがレインズに登録された物件の買い手を探す、という仕組みになっていることを。

図で示すとこのような仕組みです。

レインズに登録された物件はたくさんの業者さんに情報共有されるため、優良物件は早々に買われてしまうのです。

つまり、レインズに登録された優良物件は時間との勝負だということです。

 

■未公開物件って?

しかし、このレインズに登録する前に売れてしまう物件もあるとのこと。

先に自分の客に紹介して売れれば、売主と買主の双方から手数料が入るので、業者としてはその方が儲かるのです。

そもそも売主の希望で、レインズに掲載しない・公開しないこともできるとのこと。

これらがいわゆる「未公開物件」。

図で示すとこのような状況です。

つまり、できるだけ多くの業者さんから新着物件の情報を流してもらうことが必要です。

 

■公開物件と未公開物件の両方を追え!!

そこで鳥が考えた土地探しのコツは、公開物件と未公開物件の両方をリアルタイムで入手できる環境を整えておくことでした。

●公開物件を追う

レインズに登録された物件は、SUUMO、at home、Yahoo!不動産、などの不動産情報サイトに掲載されます。

それら不動産情報サイトを1日数回チェック。

また、条件に合致する物件があれば通知メールが届くように登録し、いち早く情報を入手していました。

新着物件なんて頻繁にはないので、いつしか希望エリアの掲載物件は全て覚えてしまい……。

鳥夫から物件の特徴を一つ挙げられるだけで「ああ、あの物件でしょ。あれは借地権だから安いのよ」などと当てられるほどになっていました。

●未公開物件を追う

フリーメールを利用して不動産専用のメールアドレスを作り、希望エリアの物件を多く扱っていそうな仲介業者さんに片っ端から会員登録しました。

会員登録すると、すぐに営業電話・営業メールが届きます。

そのなかから目ぼしい業者さんを選別し、労をいとわず会いに行きました。

やはり面通しすると本気度が伝わるので、優先的に情報を流してくれるようになります。

こうして公開物件・未公開物件の両方を入手できる環境を整えていた結果、鳥夫婦は3か月で好条件の未公開物件を手に入れることができました。

 

■未公開物件はリスクに注意!

ただ未公開物件は、他業者のチェックにさらされないため、トラブルを抱えた物件であるリスクがあります。

また未公開物件を餌に客寄せする業者も存在します。

「未公開物件がたくさんある」と言われたので会いに行ったら、実はひとつも持っていないということがありました。

(すでに物件の生き字引と化していた鳥は、見せられた物件すべてに「あ、これ、〇〇の土地ですよね」と指摘してしまった)

すぐにその業者は切ったのですが……。

なんと個人情報を売られたらしく、直後にまったく知らない不動産業者から営業電話がかかってきました。

公開物件もしかりですが、未公開物件を狙うなら、よりリスクを警戒して動くことが求められると思います。

 

■この連載の一覧を見る