連載
丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり

うれしいオマケいっぱい!石油ストーブがやってきた【丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり】

 

こんにちは!

群馬県在住、2歳と4歳の姉妹を子育て中のaipooowです。

毎年、エアコンの暖房機能を使って冬を過ごしてきたのですが、木の家で初めての冬を迎えるにあたって、新しくコロナの石油ストーブを購入しました。

石油ストーブを置いたことで、家全体が温かくなり、また、冬ならではの楽しみも増えました。

今回は、石油ストーブと共に過ごす冬の楽しみ方をご紹介します。

 

■コロナの石油ストーブの魅力とは!?

家を建てるときに薪ストーブに対する憧れもありましたが、薪の準備や手入れなどなど、

我が家のようなズボラな夫婦には到底ムリなことだろうとすんなり諦めたのですが、やっぱり火の温かさには惹かれ続けていました。

それならばと、アラジンストーブを置きたい!と思いましたが、いざ購入しようとしてみたら、思っていた以上にお高い!

そこで、次の候補として上がったのが2017年モデルのコロナの石油ストーブでした。

楽天市場の店舗で15000円程で、見た目もシンプルで可愛く、お部屋のどこに置いても馴染んでくれそうなデザインに惹かれたのです。

 

■コロナ石油ストーブの良い点と困った点

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

いざストーブを付けてみると、思っていた以上に温かくなるのが早く、吹き抜けのある我が家でも問題なく家全体を温めてくれています。

冷え込んだ朝も、子供たちが置きてくる30分前くらいに点火することで、

リビングがほんわり温かくなり、子供たちが寒い寒いと縮こまることもありません。

ただ、灯油の減りがすごく早く感じます……。

我が家は、たいてい朝と夜しか家にいないので良しとしていますが、1日家で過ごすときにはちょっと考えてしまいます。

 

■布団から出たくない寒い朝もたのしみに!


ストーブといえば「やかん」というイメージはありませんか?

ストーブにのっかったやかんがグツグツと音を立て、ふわふわと湯気を出し、

部屋はぬくぬく温かくて、家族みんなゆっくりくつろいでいる、そんな雰囲気の空間って絶対幸せですよね。

そんな憧れから、やかんもお迎えしたのですが、どうせならばとドリップ用のケトルを選びました。

寒くて起きるのが億劫な朝もちょっと早起きをして、ストーブを付けてお湯を沸かし、

近所の美味しい珈琲屋さんの豆で淹れた珈琲をいただくことが、朝のたのしみになりました。

 

■忙しい夕飯準備にも大活躍!

夕ご飯を作るときにはまず最初に、ドリップケトルではなくて、お鍋をストーブにのせています。

冷蔵庫にある野菜を適当に入れて、蓋をしてストーブにのせておけば、野菜スープの出来上がりです。

味付けも適当に、シンプルでOKです。

ゆっくりグツグツと煮込むことで、野菜の旨味が出て本当に美味しいです。

いかがでしたか?

この冬は石油ストーブのある暮らしをたのしんでみてはいかがでしょうか?