賃貸物件契約時の契約金とは?中身と計算方法教えます

年が明ければ引っ越しシーズンのスタートで、不動産業者にとっての繁忙期が始まります。
ここでは、家を借りる際の契約手続き時に必要な「契約金」の詳細について解説します。
知っておきたい家を借りるときの契約金について、項目別でポイントをまとめました。

これから引っ越し慣れしている方もいれば、これまでずっと実家暮らしで初めての一人暮らしという方もいるでしょう。
自分がこれから契約する賃貸物件の内容について、一度理解することでスムーズに引っ越しができるよう準備しておきましょう。

家を借りる際の「契約金」の中身とは?

YNS / PIXTA

1: 敷金

賃貸借契約を結ぶにあたって借主から貸主に対して預けるお金です。

通常は退去の際の各種清算の財源として用いられ、差し引き金額が返金されます。

清算時に不足があれば追加の支払いが必要になります。

 

2:礼金

契約時に借主が貸主に払う「帰ってこないお金」です。

貸主と管理会社が折半したり、客付けをしてくれた仲介会社へのマージン(AD)の財源として使われることもあります。

最近は礼金を取らないことが多いですね。

 

Graphs / PIXTA

3:家財保険料

借主は漏水や火災等の災害に備えて保険に加入しなければなりません。

2年間で1R・1Kなら15,000円、3LDKなら20,000円が目安です。

 

ABC / PIXTA

4:鍵交換代

物件によって任意の場合と必須の場合があります。

U9と呼ばれる通常タイプで13,000円~18,000円、

複製の難しいディンプルキーで18,000円~28,000円(税別)くらいです。

 

5:保証料

連帯保証人を立てず、保証会社に依頼する場合に発生します。

保証会社必須の場合とそうでない場合があります。

毎月発生する金額(賃料・共益費・駐車場を借りる場合は駐車料)の合計の50%が目安です(保証会社によって異なります)。

連帯保証人を立てる場合は不要です。

 

ABC / PIXTA

6:退去時清掃費用

敷金ゼロ・礼金ゼロのいわゆる“ゼロゼロ物件”でも退去時の清掃費用は発生します。

万が一の場合に備えて、退去時清掃費用として契約時に事前に徴収することがあります。

 

7:消毒料

噂でしか聞いたことがないのですが、このような名目の費用を請求するような悪徳業者もあるようです。

事前にお部屋の消毒をしましたということですが、せいぜい室内でバルサンを炊く程度だそうです。

このような費用を請求する会社はやめた方がいいでしょう。

 

Graphs / PIXTA

8:日割り賃料

契約開始日が月の途中である時は最初の月の賃料・共益費は日割り計算になります。

 

9:前払い賃料

最初の月の賃料が日割りの場合、事前に翌月の賃料もいただいておく場合があります。

これは不動産会社によって仕組みが違うので注意が必要です。

筆者が勤務していた会社の場合、契約開始日が20日~31日の場合、当月の日割り賃料と翌月分賃料を契約時にいただき、

契約開始日が1日~19日の場合日割り賃料のみいただいていました。

毎月27日が賃料の振り込み日となっているため、支払いが立て続けになって混乱することを防止する意味があったようです。

会社によっては1日契約開始の場合のみ当月分賃料だけで、開始が2日以降の場合は翌月分賃料をとるという場合もあります。

その場合、仮に12月2日契約開始の場合、12月の30日分の賃料と1月の1か月分の賃料が必要です。

 

10:仲介手数料

物件を見つけてくれた不動産会社に対して支払う手数料です。

通常1か月分の賃料+消費税となります。

Tommy / PIXTA

だいたいこんなところだと思います。1、3、8、10は必須

2、4、5、6、9は場合によって必要。

7をとる会社は相手にしないようにしてください

 

契約金の計算方法

よっし / PIXTA

実際の事例に添ってご説明しましょう。

・賃貸アパート 2LDK 48.76㎡
・賃料64,000円 共益費2,000円
・敷金1 礼金0
・保証会社利用 鍵交換はやる(13,000円+税)
・契約開始日平成29年11月17日

※今回保証料は50%とします。保険料は部屋の広さから17,500円としました。

11月17日開始で翌月分賃料を取らない場合、契約時に必要な金額は以下の通りです。

・11月分賃料  29,866円(14日分)
・11月分共益費   933円 (14日分)
・敷金     64,000円
・仲介手数料  69,120円(税込)
・保険料    17,500円
・初回保証料  33,000円
・鍵交換代   14,040円(税込)
合計    228,459円

仮に前払い賃料をとる会社の場合、12月分の賃料と共益費が加わり契約時に必要な金額は294,459円になります。

多少の違いはあるにせよ、どこの会社でも計算方法は同じだと思います。

皆様もこれを参考にして不動産屋の店頭に貼られた物件資料を見るようにしてください。