【会えるかも!イケメンスタッフ】誠実につくられた家具に出会える「カリモク60 新宿店」

 

「インテリアショップにはイケメンが多い」という編集部・Kさんのミッションでスタートした

【会えるかも!イケメンスタッフ】では、旬なインテリアショップと、イケメンスタッフを同時にご紹介していきます!

すてきな家具だけじゃなく、すてきなスタッフにも会えちゃうなんて一石二鳥!?

今回訪れたのは、Kチェアをはじめ、60年代の普遍性を追求した家具をつくり続ける「カリモク60」。

オフィシャルショップにおいて最大の店舗面積を誇る新宿店の店長は、ゆるふわパーマがお似合いのイケメンさんでした。

 

>>12月14日発売のリノベーション専門誌『リライフプラスvol.27』のインテリア特集「リノベ空間に似合うソファ」

では「カリモク60 新宿店」のより詳しい情報や、その他のオススメショップ情報もたっぷりご紹介しています。

 

■現代のライフスタイルにとけ込む家具がそろう「カリモク60」

木製部品の製造に特化してきた「刈谷木材」が、洋風家具の生産を始めたのは1962年。

当時の技術を培い続けて2002年よりスタートした「カリモク60」には、

時を経ても古びない、シンプルで上質な家具であふれています。

「Kチェア」ブランドはロングセラー

家具のセレクトショップでも「カリモク60」はおなじみのブランドですが、

オフィシャルショップでは、新作が発売されると全国に先駆けて展開しています。

たっぷりの自然光が入る、明るい店内。

ゆったりとした気持ちで家具を見てまわれます。

 

■家具への愛があふれる新宿店の店長さん(30歳)にアプローチ!

くしゃっとした笑顔が魅力的な久米麗一さん(30歳)。

店長として新宿店をまとめています。

−−いつからインテリア業界に?

「20歳の頃からインテリア関連に携わっています。いくつかのショップで働いた後、今にいたるといったところです」

−−「カリモク60」に腰を据えられたのはなぜ?

「自信をもって、お客さまにオススメできる商品を取り揃えていることです。

品質の高さは大前提ですが、それに対して適正な価格でご提案できることがとても大きいですね」

−−つくり手の思いが感じられる商品が揃ってますよね。

「ありがとうございます。パーツ販売などでメンテナンスにも手厚く対応できますから。

『カリモク60』の商品は、家具を長く大切に使いたい方にオススメできるんです」

−−たしかに家具は頻繁に買わないし、長持ちしてもらわなきゃ……。

「きちんと納得して選びたいものですよね、絶対」

「展示店限定の商品も多いのは、実際に一度ふれてみてほしいという思いもあるからです」

−−久米店長はどんなとき仕事のやりがいを?

「やはりお客さまの家具選びのサポートをできるのが嬉しいです。お客さまが来店されるのは、結婚などでライフスタイルが変わるとき。

その瞬間に立ち会わせていただくことに、やりがいを感じます」

−−心強いですね。

 

■久米店長の家にもある「カリモク60」の商品とは?

−−久米店長が実際に買われた家具はありますか?

「『Kチェア』の1シーター(6万1,560円)です。

過去に出た限定カラー(張地:グレー、アーム:黒)が家にあります。現行商品でオススメしたいのはこちらのフレームチェア(9万9,900円)です」

−−他のソファに比べて座面が大きく感じますね!

「海外輸出向けのモデルを復刻した商品です。座高高も高くシートも広いので、男性でもリラックスして座れるゆったりサイズなんです」

−−ちなみに久米店長の身長は?

「ひゃ、173㎝です……

−−(この勢いだ)休日はアウトドア派? インドア派?

「半々ですね。だいたい日中は他店のインテリアショップに行ったり展示などを見て。夜になったら友人と飲んだりしますね」

−−よく飲むお店はどこですか?

「いろんな店で飲む方ですが、新宿三丁目にある『呑者家』はよく利用します」

−−わりに“親父系”!

「にぎやかなムードが好きですね」

 

■独自セレクトの雑貨チェックも忘れずに

−−新宿店は家具だけでなく、生活雑貨も充実してますね。

「オリジナルアイテムに限らず、セレクトした商品もたくさんあります。

キッチンウェアや観葉植物など、空間を彩る雑貨を揃えています」

−−中でも久米店長のオススメ雑貨は?

「器ですね。模様入りのものも、意外とどんな料理を盛ってもしっくりときます」

−−器を手に取る姿から思うに、久米店長って几帳面そう……。

「もともとインテリアの専門学校に行ってた頃は、よく模型を作りました。今は店の販促物を制作することも多いです」

−−手先が器用なのですね……。

「あはは。確かに、そういう作業はまったく苦じゃないですね」

自然体で気取らない久米店長。そのナチュラルさは、良い素材を使用して丁寧に作られた「カリモク60」の家具に通ずるものが…

−− ちなみによく使うアプリなどありますか?

「インスタグラムですね。これはプライベートですけど(笑)」

−−どんなアカウントをフォローしてるんですか?

「インテリア関連が大半かもしれません。海外の方やヴィンテージインテリア関連などをよく見ています」

−−仕事熱心ですね!

新宿店では店舗限定のアイテムも充実しているので、ぜひ店舗へ足を運んでみては?

またこの冬には第3弾の商品カタログも出るので、こちらもかかさずチェックしてくださいね。

(撮影/山田耕司)

 

カリモク60 オフィシャルショップ 新宿店

東京都新宿区新宿 4-2-23 新四curumuビル1F 

telephone*03-5919-2890

open*11:00 〜 20:00 不定休

※商品の価格はすべて税込