“コルク素材”を使って「ブーツケース」がつくれるってホント!?

 

寒い時期になってくると、どうしても必要になってくる物の1つにブーツがあります。

高さがあるために、置き場所にも収納にも困り事がついて回るというのが難点です。

それを何とかしようと考えました。

考えた末に見つけたブーツの収納が簡単にできる「ブーツケース」のつくり方をご紹介します。

 

■ブーツの収納ケースには「コルク素材」がいい理由とは?

kai / PIXTA

ブーツを収納するのはどのような素材を使えばいいのか?

プラスティックやすのこなど、さまざまな素材がありますね。

何を使ったらいいかと考えたときに思いついたのが「コルク素材」です。

コルクには、微細な気泡が多く含まれています。

この気泡があるおかげで、しなやかな弾力性を発揮してくれます。

そこを採用して、ブーツ底やヒール部分に傷がつかないようにしました。

また、耐水性・耐久性・防虫・低アレルギー性に優れているため、収納にも向いていると考えたのです。

 

■材料は全部「セリア」で揃えられる!

ブーツの収納ケースをつくる材料は以下になります。

  • コルクボード(約30cm×40㎝) 2枚(150円商品)=側面
  • コルクインテリアボード(約15cm×30㎝) 4枚=前後面と底面
  • メタルコーナー(8個入り) 1つ
  • スラックス&スカートハンガー(2本セット) 1つ=ブーツがバラバラにならないように使います
  • ハウス型フック 1つ

コルク素材の品はダイソーでさまざまなものが売られていましたので、こちらを使用することにしました。

上記の材料で、大人用ブーツがロング1足とショート1足を収納することができます。

もし複数足ある場合は、連結することができますので、材料を倍にして購入しましょう。

 

■5工程でできる!「ブーツ収納ケース」のつくり方

では、早速つくり方をご紹介します。

工程1:まず、「コルクインテリアボード」の裏に付いている金具を取り外します。

 

工程2:「コルクボード」と「コルクインテリアボード」を釘で固定。

底辺は1つだけ釘で固定し、1つはずらしてボンドで固定させます。

 

工程3:底辺がくっついたら最後に側面になるコルクボードを釘で固定します。

上部から見ると上の写真のようになります。

 

工程4:「コルクボード」の角にボンドを塗り、「メタルコーナー」を取りつけます。

 

工程5:前面にフックを取り付ければ出来上がりです。

 

コルク素材なので、軽いですから運びやすいです。

玄関に置いても見た目がきれいなので、置きっぱなしでも大丈夫です。

ブーツを収納する時期がきたら、ブーツの汚れを落とすなどした後に、ケースに入れたままクローゼットにしまうことができます。

幅が15㎝ですので、すき間にしまうことができるのも利点ですよ。

 

いかがでしたか。

いつも、「ブーツをどのようにしたらきれいに置けて、収納がうまくできるか」というところで悩んでいました。

今回、コルクの特性について知ったので使ってみました。

普通のシューズラックに入らなかったものを置けるので、十分役立っています。