連載
駅近・狭小地に木造3階建て建築中

専門家だから間違えないとは限らない!? 【駅近・狭小地に木造3階建て建築中!】

 

大きなお金が動くって、結構ストレスですよね。私はそうです。

スーパーで100円安いと飛びつくくせに1,000万円のうちの1万円ならまぁいいかって思ってしまう人の方が多いそうな。

なので、目を背けがちな傾向があるそうです。

専門知識はわからないことが多いこともあり、相手任せにする傾向も。

……はい、私もそういうタイプです(苦笑)。

なので、我が家は主人がストレス耐性も強く、お金に関してしっかりしていなければ気づかなかったんだろうなぁということが何度かありました。

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

主人は、納得できないものにはお金を支払わない、とハッキリしています。

普段から徹底されており、大きな額でなく100円だろうが10円だろうが関係なくきっちりしております。

電気代にもシビア(消費)、交通費にもシビア(消費)、でも車は欲しい(欲求)という、

「いやいや車を買うって結構なお金が出ていくことよ!? 普段小さなお金の無駄すらすごい嫌なのに?」

という私の意見は全然違うらしく「無駄なものをとことんそぎ落とし、欲しいものにお金をかける」という徹底っぷり。

やりたいことはちゃんと実現するタイプで、欲しいものは買うし食べたいものは食べるし海外旅行だって行きます。

(見習わねば…と、思っては、います・笑)

※ 【駅近・狭小地に木造3階建て建築中!】今までの記事を見てみる

 

専門家が言っているからすべて正しい、とは限らない!?

ちなみに私は、大きな買い物をドカーンとするより日常を穏やかにゆるゆると、余裕をもって暮らしたいタイプです。……真逆!!!

話が逸れました。

今回の家を建てるにあたっても、初体験なことばかりでわからないことだらけでしたが、主人は納得がいくまでちゃんと話をする人なので回避できたり、結果的に価格が下がったりしたことが多かったです。

一般人である消費者サイドは専門的なことで専門家と争うことを避けがちですが、購入する立場である消費者サイドはわからないことは何でも質問するべきだし、相手はそれに答える義務があります。

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

価格交渉してみて下がった費用もあり「言ったもん勝ち」というのは、本当だなぁとも痛感しました。

私は相手と争うことを極力避けたいタイプで、相手にミスがあってもまぁ仕方ないか、で流してしまうタイプです。

その件をひきずったり向き合うことの方がストレスになってしまうんですよね。

でも今回、主人が金銭面をすべて担ってくれていたので、主人と業者のやりとりの結果を聞いたりしていると、

専門家も結構いい加減なことがあるのだなぁということや、言ってみるもんだなぁ、ということがたくさんあったんです。

 

他の専門家の方々にも確認してから挑むのも大切

mari246dream / PIXTA(ピクスタ)

不動産屋さんはもちろん、ファイナンシャルプランナーさんや、家を購入したことがある友人などなど、家にまつわるお金の知識を持っている人って意外と身近にいたりします。

建てることを検討しているのなら、モデルルームや住宅展示場へ出向けばいろんな意見も聞けます。

私達は土地購入の際、契約時に「仲介手数料」を一括で払わされました。

が、他の不動産屋さんや住宅展示場で親身に話を聞いてくださった工務店のスタッフ、ファイナンシャルプランナーの方は口をそろえて

「そんな早い段階に一括で払わされるのは聞いたことがない」「本来なら引き渡しの際に一括払い」「せめて最初に半額、引き渡し時に残りの額を支払い」

という意見でバッサリ斬られた私達(すでに全額支払い済みでしたが……)

nara / PIXTA(ピクスタ)

この件の場合、「違法」とはいえなさそうなのでなんともいえないのですが、他の不動産会社の方は「あまりホメられたやり口ではない」と口を揃えて言っておりましたし、すでにゴタゴタがいくつかあった後に発覚したもので私達のその会社への信用度はゼロどころかマイナスへに。

もうこの時点で、「せめて建物は他の会社にしよう」という流れになりました。

建つまでずっと不信感を持った家に住むのは怖い! 高い買い物なのに不信感が付きまとうなんて、いいお金の使い方とはいえないと思います。

多少価格が上がってしまうとしても安心して信頼できる方に家を建ててほしい!

ちなみに今回の件、もし仮に「よそではこうだと聞いた」「支払い方をこうしてほしい」などの交渉を契約前にしていたら分割や後払いスタイルに出来たかもしれません。

が、私達にその知識がないときに「契約時に一括で支払う」という条件込みで契約してしまっているので、これを覆すのはなかなか難しい。

「分割でなければ契約しない」と言ってみるのもアリだと思います。

ちなみにこの会社、結構大手で、きっと皆さんも耳にしたことがある会社です。

素人な私達はネームバリューでうっかり簡単に信用してしまいがちです。

そんな相手から堂々と「一括で支払ってくださいね」と言われてしまうと、知識がなければ「そういうものなのかな」って思ってしまいますよね。要注意です!!!

 

専門家だからミスをしないとは限らない!相手にとってはたくさんの客のうちの一人

Flatpit / PIXTA(ピクスタ)

他にも、登記登録の際にゴタゴタがありました。

登記の前日になって通達があった金額が、契約時に明記されただいたい額よりも数万円上がっており、主人が電話確認したところ「計上ミスでした」と認めましたが、主人が気が付かなければ普通に支払ってしまっていたはずのお金です。

しかも、支払う日程はずいぶん前から決まっていたのに、決定額をきちんと教えてほしいと何度か問い合わせをしていた主人に連絡が来たのは支払う前日になってから。

もう信用度がマイナスになっている私達。

こちらがきっちり確認する時間を与えたくなかったのでは……と疑ってしまいます。

トラブル続きの不動産会社に対してすでに不信感いっぱいだったので、なぜそんなミスが起きるのか、こちらが気が付かなかったら支払うことになっていたということをどう受け止めているのかと強気に交渉し、更に価格を下げてもらいました。

つまり、「決まりなんてなかった」んですよね。

もちろん適正価格というものはあるので、なんでもかんでもゴネれば通るというものではありません。

が、交渉してみて下がるようなら、下げても利益があるから下がっているのです。

無理でもともと、家は特に高額なお買い物。

少しでも不審に思ったら確認・交渉してみてもいいと思います。

値段の相場を知っていれば「あれ? なんか高くない?」ということに気づけると思いますし、価格交渉もできますよね。

不動産会社サイドから司法書士さんもこの方でと提案があるのがほとんどだと思いますが、どうもひっかかると思ったら、こちらから司法書士さんを指定することも不可能ではないはず。

「うちではこういう決まりで」「他の例はいままでにない」なーんて、納得できなければ「イエス」と言ってはいけません。

違法でないギリギリのラインを攻めてくる場合もあるので、知識で武装していくのは大切です。

この一件、もしお金担当が私だったら、そもそも増額にも気が付かなかったかも。

そしてそれを認めて本来の価格にしてくれたらスンナリ払っちゃうようなタイプ……(なんてダメなやつ)。

押しが強く、シビアにしっかり確認する主人がお金担当で本当に良かったです。

 

※ 【駅近・狭小地に木造3階建て建築中!】今までの記事を見てみる