100均で買うなら…毛玉取り器よりT字型のアイツの方がおトク!?

 

洗濯すると、時折発生するあの毛玉。

特に、タオルと一緒に服を洗濯したり、加えて化繊で編まれたカーディガンなどを洗濯すると、高確率で毛玉になってしまいます。

冬に重宝するフリースも、一緒に洗うもののチョイスに気をつけないと、やばいですね。

東京都クリーニング生活衛生同業組合によると、毛玉(ピリング)とは、衣服を着たり脱いだりするのを繰り返す際の摩擦や、

洗濯機で洗濯している時の摩擦によって生じる現象とのことです。

毛玉の定義、ご存知でした!?

 

■面倒くさがらずに毛玉取り、実践しました

定番の毛玉取り器、100均ショップでも買える時代ですが…普通に買っても乾電池2本が必要です

分解してみたところ(と言っても、簡単に外れました)、回転部分に刃が3枚付いているだけ!

以前は毛玉ができたら、すぐにポイ捨てしていたのですが(見栄えが悪いので)、

ふと思い立って、机の上に置いてあったヒゲ剃り(=T字カミソリ)を使ってみると……。

取れました!毛玉!!

毛玉ができたフリース。T字カミソリの出動です

繊維の流れに沿って、やさ〜しくジョリジョリ…(※これ、上の写真と同じ服です)

2枚刃だと、毛玉が詰まる!? 試すなら1枚刃のほうがよさそうです

詰まりつつも、1回やっただけで結構取れています

この時注意しないといけないのは、ジョリジョリやりすぎると生地が薄くなってしまうこと。

最悪、穴が空いてしまいそうです。

ネットで「毛玉、T字カミソリ」と入力して検索してみたら、先人たちがすでに発見して試しておりました。

このT字カミソリを使う方法(その他、手で毛玉を引きちぎる)は一時流行ったそうなのですが、衣服にとって全くよろしくないようです。

ただ、まあ、毛玉取り器がない緊急の場合に有効と思います。

使い捨てのT字カミソリは、100均ショップで10個入り100円(税抜き)で買えますから、

毛玉取り器と乾電池2本を購入するよりも、断然お得!

さらに、毛玉取り器の正体(中身)が、3枚のカミソリのような刃だった!

ということで、T字カミソリを使うのとあまり変わらないような……。

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

思うに、大切な服の場合、毛玉を作らないように注意して、起毛しているものとそうでないものを一緒に洗濯しない(洗濯ネットで仕分けしたり)。

これが一番の毛玉対策かも、ですね。

これまた前出の東京都クリーニング生活衛生同業組合によると、

アクリルと綿ポリエステルとウールといった混紡糸による製品には、特に注意が必要だそうです。

摩擦により、絡みやすい繊維が絡みに絡んで、毛玉発生!となるワケです。

筆者の場合、毛玉発生以前に、ウールのセーターを洗濯機で洗ってしまい、縮んでベビー服みたいになってしまいました。

とほほ……。

【参考】

毛玉について(東京都クリーニング生活衛生同業組合)