連載
工務店で建てたブルックリンな家

1週間でスピード購入!これって運命の土地?【工務店で建てたブルックリンな家】

 

家づくりのスタートが、建築会社選びからスタートした私たち。

実は土地探しが全く進んでいませんでした。

当たり前のことですが、土地がなければ家は建てられません。

少し遅れて土地探しを始めた他のですが、1週間ほどで購入する土地を決定してしまいました!

 

※ 【工務店で建てたブルックリンな家】過去の記事を読む

 

■土地探しの優先事項は、ズバリ「立地」

どこに住むか決定する上で主となる条件は、場所or土地の中身(広さ、形状……etc)どちらかになります。

我が家の場合、優先したかった条件は、以下の3つ。

  • 保育園に通園可能な範囲
  • 駅近(徒歩10分圏内)
  • 学区

悩む余地なくとにかく立地が最優先です!

立地を最優先にすると必然的に探すエリアが絞られ、

一見探しやすそうにも思えますが、実際のところ選択肢は狭まります。

ここが厄介なところ。

 

■気になる物件はすぐに現地へ行ってみる!

kou / PIXTA

土地探しをスタートしてから、インターネットをメインに毎日ひたすら土地探し。

当時有力候補だった工務店の営業さんにもお願いして、とにかく情報を集めていました。

そして気になる物件はすぐに現地へ行き、希望に合うかどうかをチェック。

ABC / PIXTA

当たり前の事ですが、実際に現地へ行ってみると、

文字だけでは伝わってこないリアルな情報がそこにはあります。

その土地までの道のりやそこに家を建てた時の生活できるだけリアルに妄想。

立地優先といいながら、ある程度は土地の内容にも希望はあったので、

立地条件や予算がクリアしていても、現地で少しでも違和感を感じたら即却下していました。

そうこうしているうちに、どんどん土地の選択肢がなくなっていき長期戦を覚悟していた矢先……、

出会ったのが現在住んでいる土地でした。

 

■立地条件、日当たり、広さほぼクリア!でも…

予算は少しオーバーしていましたが、

ほぼ条件をクリアしているので概ね確度の高い土地でした。

ただ、気になったのが土地の形状。

土地全体で見ると長方形なのですが、駐車スペース込みでの長方形なので、実際建築可能な部分はL字型。

しかも、駐車スペースから2メートルほど高くなっています。

要するに、玄関に入る前に階段が数段あるという事。

建築前、参考にと外構のラフ案を頂いた時のもの

高くなっているぶん、周りからの目線も気にならないという点で、

メリットは感じましたが、L字という形状が少し気になっていました。

それでも、これまで見た土地の中では最有力候補だったので、

他の誰かに先を越されないよう、すぐに仮押さえを依頼。

 

■土地探しは出会い。スピード購入に後悔なし!

土地の形状という少し引っかかる部分を残しつつも契約に踏み切ったのは、

すべての条件を完璧にクリアする土地は滅多にないという事がわかったから。

その判断をするために絶対に譲れない条件を明確にしていたからです。

そして、良い条件の土地は一瞬にして他の誰かに先を越されてしまうんです!

実は今の土地を購入する前にかなり条件の良い土地を見つけていたのですが、

予算があまりにもオーバーしていたために相当悩んでいました。

そうこうしているうちに公開から数日足らずで既に買い手が……。

この苦い経験から、スピード感も大切だと感じたことが即決する後押しをしてくれました。

もちろん決定するまでに何度か現地へ足を運び、主人とよく話し合った上での決断です。

理想の土地に出会うまでの時間は人それぞれ。

私たちのように短期間でというケースもあれば数ヶ月、数年とかかるケースもあるそうです。

当時はこんなに早く決断していいものかと悩みましたが、今思えばこの土地で良かった!と心から思います。

それでもいざフタを開けてみると、準防火地域に斜線制限、L字の土地には苦労させられることに(笑)。

(aymama)

 

※ 【工務店で建てたブルックリンな家】過去の記事を読む