敷石でベランダもおしゃれに!緑あふれる「庭リノベ」がついに完成

 

Cotswolds / PIXTA  ※写真はイメージです

筆者宅は築10年になる、3階建て2階リビングの一戸建てです。

1階和室に面した場所に小さな庭がありますが、新築当時自分達で庭造りをしてみようと真っさらなまま引き渡して貰いました。

しかしながら、庭造りは思ったようにはいかず荒れ放題に。

家族と相談しリノベーションを試みることとなったのです。

イメージを固めて施工会社を決定。

そしてプランニング、荒れ放題だった庭を更地にしてフェンスを建て、上の写真のようにコンクリートを流し敷石を貼ってもらいました。

そして、いよいよ植栽が入ります!

 

※ 【庭リノベ】のこれまでの記事を読む

 

■念願の植栽!グリーンの力で、一気に庭らしくなりました

最低限の植栽スペースではありますが、グリーンが入る事で一気に庭らしくなりました。

植栽が入る前と比べると一目瞭然ですね。

台風で倒れ、斜めになってしまったオリーブも、形を整えてもらい再び植えていただきました。

見にくいですが、その前には紅葉も楽しめるブルーベリーが植えてあります。

通行スペースを邪魔することなく、しかもアクセントになるようなグリーンを選んでいただきました。

だから、いつまでも庭を眺めていたい気分になります。

フェンスも言われなければアルミフェンスとわからないくらい、質感が良いです。

事実筆者宅の子どもは本物の木だと思い込んでいたようです。

しかし実際はアルミでできたフェンスですので、拭き掃除も容易で満足感の高い仕上がりとなりました。

 

■2階のベランダもプチリノベ!「敷石」が思わぬところで大活躍

様々なサンプルを見せていただき、実際に自宅でじっくりと比較検討して決めた敷石は一番汚れが目立たなそうなグレーを選びました。

タイルではなく石を選択したことで、より庭らしくなり自然の経年変化が楽しめそうです。

この敷石が余り、施工会社さんに「お使いになる場所があればどうぞ」と譲っていただいたのでリビングに面した2階のベランダに敷きました。

光の入り加減で石の見え方も変化してとても魅力的です。

思いがけず2階のベランダもプチリノベができました。

 

■やってよかった!大満足だった「庭リノベ」を振りかえる

リノベ前の筆者宅の庭です。

もはや庭と呼べるレベルではないくらい荒れ放題でした。

フェンスを建てる事でリノベ前よりも狭くなることを覚悟していたのですが、不思議な事にぐっと広くなった感じがします。

今はまだ植栽も小さいですが、これからどんどん成長するとのことなので庭の変化をこれからも楽しみたいです。

完成したから約2か月が経ちました。

時折気が向いたときにデッキブラシで石を洗う程度でほぼ何もしていませんが、庭は完成した時のままを保っています。

まさに「ローメンテナンスで綺麗が続く」庭を造る事ができました。

春から夏にかけては草取りも必要になるかもしれませんが、ほんの限られたスペースなので楽しみながらできそうです。

またの機会に庭のその後をお伝えできればと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【過去の記事を読む】

※ 「庭リノベ」を決心したワケは…ある虫だった!?・きっかけ編

※ 「庭リノベ」会社選びの決め手は“メンテナンスフリーでもOK”なこと!

※ 「庭リノベ」は全部の工程をたった1人の職人さんがやる!?・施工編