【日刊Sumai】編集部・丸の取材、ときどきプライベート日記 vol.16

 

素敵なお宅があると聞けば北海道から九州まで、どこへでも!

フットワークの軽い『住まいの設計』編集長・丸(56)の取材こぼれ話や、男前なプライベートをチラ見せ!

 

■なんという人気ぶりでしょう

今月18日までじゃん!

ってことで先日「安藤忠雄展/挑戦」へ行ってきました。

会場はすごい人。

なんという人気ぶりでしょう。

皆さん、建築がお好きなのですね。

ん?安藤忠雄というキャラクターがお好きなんですかね?

見ていて思ったのは、安藤忠雄さんの建築って

「建物の大小にかかわらずスケール感がある」「スキマがちょこちょこある」「埋めるのがお好き」

「隠してからのチラ見せもお好き」「人がたくさん入っても建物の存在感が減じない」とかなんだな〜と。

光の教会は、めちゃ「スキマタイプ」です。

それにしても当時なら当然「えぇ〜??」と反応してしまうようなアイデアを生み出し、それを実現するなんて。

こりゃまさに天才の挑戦ですなぁ(お付き合いする人は大変でしょうが)。

 

こちらは「埋めるタイプ」が点在する直島のインスタレーション。

いろいろとすごく気合の入った展示でしたね。

人を見にきたんだっけ?ってくらいの人でした。

 

■移りゆく東京の名残と現代が共存する空間

先日、新商品発表で赤坂見附に行ったんですけど、

旧赤坂プリンスホテル(通称・赤プリ)って、「東京ガーデンテラス紀尾井町」になってるんですね。

でもその一角に、赤プリ旧館が(現在はクラシックハウスと呼ぶらしい。しかも東京都の指定有形文化財らしい)残してあったりします。

移りゆく東京の名残と現代が共存する空間って、味わい深いですね。