インテリア・雑貨

sumai編集部員

無垢の木の余りが材料!? まんまる頭の「スツール」登場【Editor’s セレクション】

 

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

月曜は、【家具・インテリア】編!

今回は、“もったいない”から生まれた(!?)「スツール」をご紹介します。

 

■ふとした時に座りたくなる!まんまる頭がかわいい「スツール」


「いいもの、ずっと」をスローガンに家具修理からスタートし、オリジナル家具の製造販売、中古買取、家具シェアリングサービスを手がける京都の家具店「finger marks」。

無垢の木を余すところなく使い切りたいという思いから、一つの木材からオリジナルチェアとスツールを製作できるように考え、ふとした時に座りたくなるまんまる頭の「Y3 stool」が登場しました。


finger marksオリジナルチェアは、緩やかなカーブを持つ彫刻のようなフォルムが特徴の一つです。

そこで、オリジナルチェア製作時に出る材からスツールを作ることを考えました。


ボタンのようなまんまる頭から伸びる3本脚の『Y3 stool』は、時代に左右されないすらりとしたなめらかなフォルムと特殊な形状の貫(ヌキ)が特徴です。

つい座りたくなるような可愛らしさと、なめらかな木の触り心地。

また、重さが約1.6kg〜2kgと、片手で簡単に持ち上げられるほど軽いんです。

これなら、どこへでも持って行きたくなること間違いなし!


また3本脚にしたことによってガタつきが抑えられ、しっかりと座ることができるので、ピクニックや散歩などアウトドアにも持って行くことができます。

スツール本体は3種類の木材から選べ、座面の張り生地も40種類から選べるので組み合わせは120通り。

気になった人はぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

【Y3 stool】
■サイズ W330 D330 H450
■樹種  オーク・チェリー・ウォールナット
■価格 38,000円(税抜)〜(※樹種や、張り生地によって価格が変わります)

 

【参考】

※ 【「もったいない」をカタチに!】京都・職人のいる家具店 finger marks が『Y3 stool』の販売を開始しました。

  • B!