設備

住まいの設計編集部:君島喜美子

「ロフト」って必要? 1年過ごしてみてわかったメリットとデメリット

「ロフト」日本語ではいわゆる屋根裏部屋。皆さんはお好きでしょうか?

「秘密基地みたいで、大人でも憧れる!」「天井空間に変化がつき、収納にも有効」といった肯定的な意見もあれば、

「夏暑く、逆に冬は下が寒くなりそう」「費用をかけた割には、物置部屋になるだけでは?」という懸念もよく聞かれます。

実際のところ、どうなのでしょうか?

戸建てリノベでロフトを作ってみてわかった、メリットとデメリットをご紹介します。

狭小住宅にはどうしても造りたかった「ロフト」

1481862278966

筆者がリノベした狭小平屋は、床面積たった37平米!

1481863883938

そこに夫婦と大型犬が住むので、天井高を屋根一杯に上げてのロフト併設は、

どんなに整理をしたとしても、収納スペースを確保するためにどうしても必要だと思いました。

 

実際に生活してみて実感した、良い点と失敗点

1481862990666

腕の良い大工さんのおかげで、合計6畳弱のこんなロフトが出来上がりました。

荷物を置くので壁は極力なくし、手すりも付けていません。

そのため下の部屋にいると、斜め天井と開放感が気持ちよく、狭さをカバーしてくれています。

1481862368803

冬場は、下で暖房を入れなくても暖かく過ごせるので、コーヒー等を持って上がり、

読書や音楽を聴くお気に入りの場所になっています。

下が完全なワンルーム空間なので、ちょっとひとりになりたい時にうってつけと言えましょう。

1481862095562-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

子どもが遊びに来た時には、もう大喜び!格好の遊び場所となっています。

え、じゃあ良いことずくめ?

いえいえ、夏場の恐ろしい暑さには参りました!

天井下地材で念入りに断熱対策を施し、壁を少なくすれば「自然換気」になるので、

それで充分だと思っていたんですが、甘かったですね。

1481863296865

ネットで対策を調べ、扇風機をロフトに向けて作動させてみましたが、

今度はロフトの熱い空気が下に一気に降りてくることに……。

1481862505279

そこで換気扇を取り付けてもらいました。

1481862506963

実は工事中、大工さんから提案されたのにケチって断ってしまっていた工事でした。

今更ながら、快適に過ごすためには「強制換気」の必要性を教えられました。反省。

 

快適で「使える」ロフトづくり、3つのポイント

ということで実体験をもとに、単なる荷物部屋にならないロフト造りのポイントを3つご紹介します。

1. 断熱と、通気・換気対策はケチらないこと

2. 床は柔らかい素材を

1481863884913

低い空間では膝で移動するので、痛くならないカーペットが最適だと思います。

重い荷物も滑らせて動かせるので便利です。

タイルカーペットを置くだけなら誰でも出来ますし、部分交換も容易です。

 

3. 昇り降りしやすいプランを

1481863882746

これ実はすごく重要です。

よく見かけるのはハシゴですが、想像してみてください。

大きなダンボールを抱えて垂直に近いハシゴを昇り降りするって、実際は難しく危険です。

そこだけはこだわり「ハシゴ」ではなく「階段」を使うようにしました。

これは工事現場で使うアルミの仮設階段です。

1481863881836

取付はハシゴより手間がかかり、スペースも取られますが、こうしなかったら、

ロフトは第2の部屋として活用されることはなかったでしょう。

いかがでしたか?

皆さんの家づくりの参考になれば幸いです。

(written by  kati)

  • B!