インテリア・雑貨

内野 チエ内野 チエ

おしゃれな家のダイニングテーブルはどこからやってきた?

 

インテリアの要ともなるダイニングテーブル。

デザイン、素材、使いやすさ、すべての面で「これぞ!」と満足いく逸品に出会いたいものです。

日刊Sumaiの過去記事の中から、「ダイニングテーブル」に関する記事をピックアップ!

ダイニングテーブル探しのヒントとなる4つの記事をご紹介します!

 

■オーダー、アンティークショップ、ネットオークション…方法はいろいろ

ダイニングテーブル、どこで買いましたか?使ってみてどうですか?

リノベーションや自由設計でこだわりの住まいを作った人たちは、きっと家具にも妥協はしないはず。

おしゃれな家のダイニングテーブルは、やはりとってもオシャレでした!

こちらの記事では、オーダーで理想のダイニングテーブルを手に入れたSさん、

アンティークショップで空間にマッチするデザインのテーブルを発見したMさん、

ヤフオクで購入した平野さんの3つの例をご紹介しています。

 

■スタンダードな美しさが魅力的なオーダーメイド

「ダイニングテーブル」って、オーダーするといくらぐらいするの?【STANDARD TRADE.の場合】

部屋の形やサイズ、家族の人数などに合わせて、

オリジナルのダイニングテーブルを作れるのがオーダーの良いところ。

でも実際にオーダーで注文すると、どれくらいの金額がかかるのでしょうか?

また、ひとつひとつ手作りするため、

ある程度の制作時間がかかることも想定しておく必要があります。

人気のインテリアショップ「スタンダードトレード」で、

ダイニングテーブルをオーダーして作ったKさん夫妻のお話です。

 

■「ほっとする」癒しのダイニングテーブル

「ダイニングテーブル」って、オーダーするといくらぐらいするの?【工房イサドの場合】

オーダーでダイニングテーブルを作るときは、依頼先選びも大事です。

依頼先によって、提案やデザインの内容もがらりと変わります。

「家族5人が集える大きなテーブル」を求めていたHさん夫妻が選んだのは、

タモやナラなど国産の木材を使い、あたたかみのあるフォルムが印象的な「工房イサド」でした。

Hさんのイメージどおりの、家族が自然に集まるダイニングテーブルが完成しました。

 

■妥協せずディテールにこだわり理想のテーブルを実現

「ダイニングテーブル」って、オーダーするといくらぐらいするの?【Reclaimed Worksの場合】

築22年の中古マンションをリノベして暮らすAさん夫妻は、

カリフォルニアのベイ松古材を使う「リクレイムドワークス」でダイニングテーブルをオーダーしました。

制作までに何度も打ち合わせを重ね、ショールームで実物を確認しながら、

デザインやサイズ感を相談したそうです。

そのかいあって、ついに世界でひとつだけのダイニングテーブルが完成!

徹底的にディテールにこだわったおかげで、暮らしの満足度がぐぐっとアップし、

早く帰ってきたくなる家が実現できたそうです。

  • B!