リノベーション

内野 チエ内野 チエ

ここ、本当にマンション!? 限りなく戸建て感覚で暮らせるリノベ実例4つ

 

リノベーションの魅力は何と言っても、工夫次第で無限に可能性が広がるというところではないでしょうか。

日刊Sumaiの過去記事の中から「ここ、本当にマンション!?」と思ってしまうような、

限りなく戸建て感覚で暮らせる、開放的なマンションリノベーションの実例記事をピックアップ!

特に人気が高かった4本をまとめてご紹介します!

 

■戸建て?と勘違いしてしまいそうな開放感

80平米超のルーフバルコニーつき! コダテ感覚で暮らせる家【リライフプラスarchive】

まず最初にご紹介するのは、子育てをきっかけに、

築29年の中古マンションをリノベーションした山本さん夫妻のお宅です。

もともとあった80平米超のルーフバルコニーを生かし、

室内と繋がりをもたせて開放感を演出。

さらに、細切れで暗かった3LDKを1LDKにしたことで、

部屋の隅々まで光が射す明るい空間へと大変身。

マンションなのに、戸建て感覚でのびのび暮らせる家に生まれ変わりました!

 

■リノベで自分好みのインテリアを実現!

まるで一軒家!マンションでグリーンと仲良く暮らす方法【リライフプラスarchive】

Mさんファミリーは、築31年のマンションをリノベーション。

家族が集まる空間を大切に、自分たちでタイルを貼ったり、ペイントを行ったり。

家族みんなで作る過程も楽しみながら、DIYで手を加えたそうです。

躯体現しにした壁面はヴィンテージなカッコよさが漂い、

所々に置かれているアンティークと絶妙にマッチしています。

 

■マンションなのに大自然を感じる家

マンションなのに!?「クサガメ」の散歩や甲羅干しができる家【リライフプラスarchive】

Nさんは、ペットの「クサガメ」との暮らしやすさを追求して、

1975年築のマンションをリノベーションしました。

南面の窓のそばにシンクを設置し、クサガメのカメッチ(11歳)と桜文鳥のぴつ子さん(4歳)のためのスペースを確保しました。

光と風が抜ける気持ちのよい窓辺。

マンションなのに大自然をすぐそばに感じられる空間となっています。

ここならペットも窮屈な思いをせず、のびのび快適に暮らすことができそうです。

 

■予算わずか500万円で完成!DIY好きが作ったリノベ空間

マンションなのに!? ものづくりに没頭できる「DIYルーム」がある家【リライフプラスarchive】

Kさん夫妻は築26年のマンションをリノベーション。

もともと、ものづくりが大好きだったというKさん夫婦。

リノベの予算を500万円とし、DIYできるものは夫婦でつくったそうです。

ブロックと木のカウンターでできた個性的なキッチン。アイデアが光ります。

壁や天井のペイントも自分たちでこなし、洗面所のタイルもDIYで貼ったそう。

設備工事などは専門家にお願いしたものの、

自ら積極的に手を加えた、家族にとって特別な空間です。

  • B!