23区内なのに物件価格が580万円!? 「団地リノベ」の人気実例ベスト3

 

高度成長期にたくさんつくられた団地が、最近再び見直されています。

リノベーションによって甦った団地は、レトロ感がミックスされたステキな空間に大変身!

「団地リノベ」の中でも特に人気が高かった3本をまとめてご紹介します!

 

■立地や住環境にメリットが多い団地はコスパ最強!

23区内なのに!? 家族で住める快適な家「580万円で買いました」【リライフプラスarchive】

昭和の時代に建てられた団地は、

立地条件の良さがメリットのひとつに数えられます。

しかも築年が古い分、価格もお手頃。

浮いたお金をリノベーションの費用に回して、

自分好みの空間にアレンジして楽しむこともできます。

板橋区内に暮らすSさん宅は、580万円で手に入れた昭和44年築の団地。

リノベーション工事費に800万円(設計料別)をかけ、

まるで新築のようなキレイな部屋に生まれ変わりました。

最寄りの駅までは徒歩12分。

商店街やスーパー、病院、学校なども近くに揃い、暮らしやすさは抜群です。

住宅ローンも早く終わるため、経済的にもゆとりのある暮らしが実現できそうです。

 

■お手本にしたい!団地らしさを残した空間デザイン

あえて団地の「古さ」を生かした和モダン【団地リノベが面白い!】【リライフプラスarchive】

団地リノベーションは、その古さをどう生かすが腕の見せ所でもあります。

東京都世田谷区の団地に住むHさんは、

障子、引き戸といった「団地の趣」を打ち消すのではなく、

「あえて取り入れる」ことを選択。

玄関からリビングまでの廊下を土間仕様にしたり、

障子の格子を活かした空間デザインを採用したり。

団地ならではの温もりと現代のセンスが見事に融合した

和モダンテイストの家が完成しました。

 

■新築マンションより住みやすい!そのわけとは?

築46年60平米の団地でも…「新築マンション」よりいい!【団地リノベが面白い!】【リライフプラスarchive】

最後にご紹介するのは、

新築マンションから“築46年の団地”へ住み替えたNさん一家のお話です。

団地住まいの知り合いが3家族いたというNさん。

団地暮らしのよさを聞くうち、

団地リノベの魅力に引き込まれていったそうです。

リノベーションでは壁を取り払って全体を大きなワンルームに。

明るくのびのびできる空間が広がり、

常に子供の姿を目にしながら家事や仕事ができる環境が整いました。

空間の仕切りや収納には、オープン棚を利用。

白と木目を基調とした部屋に、アクセントカラーが映えます。

「新築マンション時代より平米数は少なくなったものの、今の方が広さを感じられる」とNさん。

自分が感じる心地よさに合わせて、自由に住まいの形を作り変える。

そんなフレキシブルな楽しみ方ができる、団地リノベの魅力が伝わってきます。