連載
転勤族トノエルの整理収納✕ひっこし

腰より下には引出しがいい!? 「収納のゴールデンゾーン」って?step3(後編)【転勤族トノエルの整理収納×ひっこし】

8年間で8回の引越しをしてきた、整理収納アドバイザーのトノエルです。
この連載では、転勤族の筆者がたどり着いた、「整理整頓×引越しの方法」についてご紹介します。
また、引越ししたくらいの気分でゼロベースから家の中のことを見直したい方にも参考にできる内容になっています。

前回は「step3 収納プラン:家族が「どこで何をするのか?」を考えるのが新居の収納のコツ!(前編)」として、家族の動線を考えて、新居での暮らし方を決めていきました。

今回は後編です。「新居の家具の配置や収納方法を決めていくやり方」をご紹介します。

「step3 収納プラン」は、連載の作業工程の中で、全体図の真ん中の段にあたります。(下記写真)

 

前回のおさらいから。まずは「どこに何を置くか、しまうか」を計画する!

このステップは、新居の間取りがわかってから、取り組むことになります。

  1. どこで何をするかを考えて、ふせんに書く
  2. 家族の動線を細かくチェックする
  3. 家具や収納のレイアウトを決める

という手順です。

前回は1と2に取り組みました。

今回は3に取り組みます。

この3の作業は、収納のコツが必要になるので、その方法をご紹介しますね。

 

3.家具や収納のレイアウトを決める。

ここからは、いよいよどこに何を置き、収納するかを決めていきます。

そもそも「収納」とは、整理したモノを、使いやすく収めること。

つまり取り出しやすく収める、ということ。

ここで間違えてはいけないのが、「収納=しまい込む」ではないということです。

使いたいときに取り出せないモノは、ないのと一緒です。

ABC / PIXTA(ピクスタ)

基本は、使う場所に使うモノ置くこと。

「step3 収納プラン」の1、2で決めた部屋の使用用途や家族の動線をふまえて、家具の配置を描き込み、「step2 整理する」の1で用意した、ふせんを貼り付けていきます。

このとき部屋の詳細なサイズがわかっている場合は、実際に配置できるかどうか、図に描いて確認すると、新居での荷ほどき作業がさらにスムーズになるはずです。

 

知っておきたい!「収納のゴールデンゾーン」とは?

収納には、収納しやすいゴールデンゾーンがあります。

目線の高さ~腰の高さが収納のゴールデンゾーンです。

ここに、使用頻度の高いモノを収納すると、日々の暮らしがグンと楽になります。

 

pu- / PIXTA(ピクスタ)

腰より下の位置の収納には、引出しにすると見渡しやすいです。

そして、重いモノを収納するのに適しています。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

目線より上の位置の収納には、取っ手付きのカゴや引っ掛けられるフックを活用すると出し入れしやすくなります。

こちらは、軽いモノを収納するのに適しています。

収納のゴールデンゾーンは、身長によって変わります。

自分にとって使いにくい高さも、子どもや夫にとっては使いやすい場合もあります。

収納場所や収納方法に迷ったら、収納のゴールデンゾーンを意識して考えてみるのもいいかもしれません。

 

いかがでしたか?

今回は、「step3 収納プラン」は前編後編の2回に分けて、新居の家具の配置や収納方法をご紹介しました。

node / PIXTA(ピクスタ)

次回は、いよいよ引越しの本番!「step4 荷づくり」の手順をご紹介します。


これまでの記事をよむ 「転勤族トノエルの整理収納×ひっこし」

・序章: 「5ステップでできる!引越してすぐ暮らしやすい部屋にする方法」
・step1:考える 「「モヤっと正常化シート」「理想のタイムスケジュール」を書き出してみよう!」
・step2:整理のきほん 「8年間で8回の引越しをしてわかった「整理のきほん」って?」
・step2:整理する 「スピード感が大事!引越しのエキスパートが教える「仕分け術」」
・step3:収納プラン 「家族が「どこで何をするのか?」を考えるのが新居の収納のコツ!」