圧力鍋でガス代が大幅カット!光熱費も時間もゆとりができる余熱調理って?

 

Taro / PIXTA(ピクスタ)

今冬は毎日、各地で記録的な寒さが続きます。

電気の使用量と併せて冬はガスの使用量も上がりますね。

aduchinootonosama / PIXTA(ピクスタ)

今回は冬の家計をアップさせる光熱費「ガス代」を無理なく節約する工夫について紹介します。

 

■主婦に聞いた!あなたのガスの節約方法は?

TAKA / PIXTA(ピクスタ)

記事を書くにあたり、筆者の周りの主婦(30~60代)数人にガス代節約アンケートを取りました。

結果は以下の通りです。

  • ガスコンロ使用時の火力は鍋底から出ないようにする
  • 洗髪時にシャワーを出しっぱなしにしない
  • お風呂は家族が続けて入り、なるべく追い炊きをしない

春風清 / PIXTA(ピクスタ)

省エネが当たり前の時代のせいか、どのお宅も素晴らしい心がけです。

小さな事でも、月単位、年単位で考えると金額も変わってきますね。

筆者もできる限りの自分の思いつく省エネ対策はしていましたが、ガス代を減らせないものかと、思案したきっかけは以前住んでいた家の事情でした。

 

■都市ガスにないメリットもある!だけど「LPガス」は高かった!

白熊 / PIXTA(ピクスタ)

一軒家やアパートに多い、LPガス(プロパンガス)ですが、筆者の以前の家がLPガスでした。

下の画像はガスの検針票です。

使用月は異なりますが同じ使用量で1か月の金額を比較してみました。

LPガス(写真左) 8.0平米/6,950円。

都市ガス(写真右) 8.0平米/1,761円。

LPガスの価格は都市ガスの3.9倍以上でした。

「一般財団法人日本エネルギー研究所石油情報センター」のサイトにある価格情報によると、LPガスは地域と月により価格差があり、販売店によっても価格が異なります。

都市ガスの方が圧倒的なコストパフォーマンスですが、LPガスのメリットもあります。

  1. 火力が強い!→中華など、強火が命の調理ができ本格的な料理が作れます。
  2. 災害時の復旧が早い!→広域災害のとき、器具などの安全確認ができれば直ぐに使えます。

どちらのガスを使っていても省エネは大切です。

次に筆者がコツコツ続けているガスの省エネ方法をご紹介します。

 

■朝の時間もゆったり!「余熱調理」は省エネで時短調理も

Daniel Krason / PIXTA(ピクスタ)

筆者はいつも圧力鍋でごはんを炊きます。

ほかにも煮物、蒸し物など日々の調理で圧力鍋が大活躍。

圧力鍋は短時間調理なのでガスの点火時間が少ないため、かなり省エネなのですがさらにひと工夫。

ごはんを炊く時、たまにやる技ですが、カットした芋類をアルミホイルに包み一緒に蒸し芋を作ります

芋は2~3cm程度の厚みに切って調整してください

下準備としては、ジャガイモやサツマイモも数分間水にさらし、水気を切っておきます。

蒸し芋はポテトサラダ、バター焼きや汁の具など使い勝手良い食材になります。

ごはんを炊きながら下ごしらえができ時間と手間も省けますね。

お芋だけを茹でる、レンジでチンするとガス、水道や電気代が芋づる式にかかるのを省けます。

蒸し芋作りは炊飯器や土鍋などでも応用できます。

 

■まだあるオススメ省エネ調理法

冬の時季オススメの調理法はもう1つ、ご紹介します。

これは、夕食の片づけなどのついでに翌朝の味噌汁やスープを9割仕上げる方法です。

鍋に出汁と野菜などの具材を入れ火にかけ沸いたら2~3分加熱して火を止め、ふたをしておしまい。

余熱で火が通り、慌ただしい朝も火にかけ味噌を入れるだけでお味噌汁完成です。

スープの場合は夜のうちに調味するので、朝は温めるのみです。

具材を刻んで火にかけるのを夜のうちに行えば、余熱と時間が翌朝の自分の家事を

サポートしてくれますよ!

ただし、梅雨や夏などの食べ物の傷みやすいときにはオススメできません。

 

中にワタが入っており、構造は布団と同じ

また、筆者の友人オススメの昔からの「余熱調理法」もあります。

「鍋帽子」(なべぼうし)というティーコゼーに似た、鍋に被せるウォーマーです。

画像は友人所有の鍋帽子。

お母様から譲り受け、ほっこりした雰囲気で可愛いですね。

鍋を火にかけ少し煮てから火からおろして鍋帽子をかぶせるだけ。

冬はおでんや煮物作りに重宝するそうです。

 

いかがでしたか。

鍋や具材の熱を上手く利用して、ガスの省エネとすれば思わぬ時間のゆとりが、きっと生まれますよ!