歯ブラシ、自転車の空気入れ…毎月1日は「交換・メンテの日」にしませんか?

 

Rosy* / PIXTA(ピクスタ)

1日24時間、365日。

人はいつも何かをやっています。

すべてを忘れずに完璧にきっちり暮らすのはむずかしいですね。

でも小さなことでも忘れずにできた時、ちょっと自分を褒めたくなりませんか。

今回は月に1回習慣化したい「暮らしまわりのモノの交換・メンテのタイミング」についてのお話です。

 

■毎月1日は交換・メンテの日! 設定日は月末でもOK

月が替わるタイミングで交換をすると習慣化して忘れにくくなります。

筆者はこれから紹介する4つのモノを月初めに交換・メンテしています。

michaklootwijk / PIXTA(ピクスタ)

1日にする理由は月が替わることを意識する日なので、覚えやすい日だからです。

そのタイミングは月末でも自分の決めた日でも大丈夫。

ご自身の暮らしのリズムに合わせて設定日を決めてくださいね。

 

■1・「キッチンスポンジ」はリーズナブルなものを月イチで交換

食器洗いのスポンジはどのくらいで交換していますか?

筆者は毎月1日に交換することを習慣にしています。

3COINSの人気商品「猫スポンジ」が定番です。(4個入り300円/税別)

左が月末のスポンジ、 右が月初の新品です

つかみやすく泡立ちも良く、愛らしいデザインが魅力です。

100均のスポンジよりは断然しっかりした作りで、ちょうど1か月くらい持ちます。

 

毎月交換したいので、「抗菌」などをうたっている高級スポンジはあえて使わずに、手頃な価格のスポンジを1か月で使い切ります。

交換のタイミングで処分するスポンジは、ついでに排水溝を掃除し、シンクもスッキリさせると、気持ち良いですよ。

 

■2・「レンジフードカバー」は毎月交換すれば大掃除いらず

続いてキッチンで月イチ交換するものは、レンジフードカバーです。

筆者は自宅でほとんど揚げ物を作らないのですが、1か月でこんなに汚れます!

何か月も放っておくと、汚れの吸収力が落ちてレンジフード本体が汚れ始めます。

すると、必然的につけ置きをしたり、強い洗剤を使った大掃除が必要になってしまいます。

レンジフードカバーは100均の商品も充実していて、ご自宅のレンジフードの形状にもよりますが、すっぽり被せるタイプがおすすめ。

全体を覆うことができ、換気扇の風圧で落ちることもなく安心です。

交換の際、アルコールスプレーを吹きかけてキッチンペーパーや古布で汚れを落とすと、キレイが続きます。

 

■3・換え忘れの代表格「歯ブラシ」も月イチ交換で清潔に!

あれ?いつ交換した?

換え忘れの代表格が「歯ブラシ」です。

ブラシがそれほど広がっていなくても、最低でも朝と夜、月60回はお世話になっています。

歯の健康のためにもぜひ月にイチ回交換したいですね。

 

■4・「自転車のタイヤ」の空気入れも月イチで

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

通勤、通学や買い物、ちょっとそこまで行くのに毎日自転車に乗る、という方も多いのではないでしょうか。

自転車大好き筆者も頻繁に乗っています。

昨年、自転車のタイヤの不具合が前輪、後輪と順番に起きてしまい、タイヤ交換なども行いました。

自転車屋さんにタイヤの空気を入れる頻度を尋ねてみると、「よく乗る方は毎月空気を入れた方が良い」とのこと。

dorry / PIXTA(ピクスタ)

最近は、自転車屋さんの店頭に「空気入れ無料」と掲げているお店が多く、業務用の空気入れは一気にタイヤに空気が入るのでとても便利。

ご自宅近くの自転車屋さんをチェックしてくださいね。

ちなみに夏は気圧が高いのでタイヤの空気は少なめに、冬は気圧が低いので空気をいっぱいに入れても大丈夫、というアドバイスも自転車屋さんからしてもらいました。

 

いかがでしたか。

もし1日に忘れても、翌月に繰り越さずに気がついたときに交換してくださいね。

交換を習慣化すると、とても清々しい気持ちになりますよ。