バレンタインは無印のキットが超使える!

 

こんにちは!

2歳と4歳の姉妹を子育て中のaipooowです。

2月の一大イベントと言えば、やっぱりバレンタインですね!

結婚してからというものあまり気合いの入らなかったバレンタインですが、今年は手作りチョコに挑戦してみました!

とはいうものの、お菓子づくりはたまーにしかしない筆者は、あれこれ材料を揃えるのもひと苦労。

そこで、そんな筆者でも気軽に挑戦できる手作りキットを使って気楽に挑戦です!

 

※ 【丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり】今までのシリーズを見てみる

 

簡単に可愛く作れるお菓子キットはやっぱりアレ!

バレンタインのチョコといえば、ラッピングも重要ですよね。

それに、なんだかんだと材料も揃えないといけません。

そんなときも頼れるのが、やっぱり無印良品!

無印良品から「自分でつくる」手作りキットが豊富に出ています。

ドーナツ型チョコ、チョコタルト、クランチチョコ、トリュフ、生チョコ、それにマカロンまで!他にもたくさん種類がありました。

パッケージを見ただけでもどれも可愛くて、インスタ映えもしそうなものばかり!

基本がシンプルなので、少々のアレンジもできるし、なんせ料理があまり得意でない筆者でもそれなりに作れるのでとっても助かります!

筆者は子どもたちも大好きなドーナツ型チョコと、夫が好きそうなトリュフを選びました。

バレンタインには少し早いけど、さっそく作ってみました!

 

「ドーナツ型チョコ」は小さめサイズがいい感じ

パッケージの中身はこんな感じです。

自分で用意するものはお湯だけなので、他に揃えるものがないのも手間が省けて助かります。

ドーナツ型を見て、思っていたよりも小さい!と思いましたが、かわいらしいサイズです。

この小さなドーナツ型で、ノーマルなチョコレート味10個、ストロベリー味10個の計20個出来上がります。

チョコレートを湯せんにかけて溶かし、モルトパフを入れます。

これをドーナツ型に入れ込み30分ほど冷やして固めます。

固まったチョコを型から外します。

指で押すと、意外と綺麗に外れました!

ストロベリー味も同じ工程で作ります。

ちょっと雑な感じもありますが、ご愛嬌ということで……。

小さくて可愛らしいドーナツ型チョコの完成です。

ここに付属のペンチョコとカラーシュガーを使って飾りをつけます。

出来上がりです!

 

「トリュフ」を使えばあっというまに本格的なチョコが完成!

パッケージの中身はこんな感じです。

生クリームだけは別で購入しました。その他はお好みで、洋酒を入れても良いそうです。

ココアパウダー、粉糖、ホワイトクランチ、フリーズドライいちごが同包されているのがうれしいポイントです!

これをひとつずつ自分で揃えるのは、ちょっと面倒だし、材料を使いきれないですからね。

生クリームを温めて、チョコレートを湯せんにかけて溶かしていきます。

ここで思ったのが、ボウルが小さすぎました!

スパチュラでねっとりするまで混ぜる必要があるので、余裕のある大きさのボウルを使うことをおすすめします!

ラップの上に16個に分けて、丸められる固さになるまで15分ほど冷蔵庫で冷やします。

冷蔵庫から取り出し、ラップに包んで丸めて、小皿に並べたトッピングをつけていきます。

こちらもあっという間に完成です!

 

お菓子づくりのハードルを下げてくれる手作りキット!

いかがでしたか。

ドーナツ型のチョコとトリュフ、それぞれ所用時間は80分と60分と記載されていましたが、記載時間ほど掛からず、2つ作って2時間で完成しました!

筆者のようにお菓子作りがあまり得意でないという方も、手作りはちょっと面倒だなと感じている方も、時間があまりない方でも、無印良品の手作りキットを使えば、簡単なラッピングまであっという間にできてしまいます!

今年のバレンタイン、ぜひお試しください。

 

※ 【丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり】今までのシリーズを見てみる