電車は手荷物扱い 280円で乗車OK!「電車・バス」を犬連れで利用する方法

 

ちょあ / PIXTA(ピクスタ) ※写真はイメージです

愛犬を連れて遠出しようと考えた時、必要になるのが交通手段ですよね。

車を所有していれば良いですが、なかには車がないお宅もあると思います。

車がなければ、電車やバスなどを利用せざるをえません。

でも、そのような交通機関をどのように利用すればいいのか、意外とわからない方も多いかもしれません。

pretty world / PIXTA(ピクスタ)

そこで、電車やバスなど公共の交通機関を、犬連れで利用することは可能なのか、調べてみました。

 

犬は“手荷物扱い”なら乗車できる

はなさち / PIXTA(ピクスタ)

公共の交通機関では、盲導犬や聴導犬、介助犬は利用者と共に歩いての乗車が認められています。

しかしペットの犬の場合は、違います。

こあんさん / PIXTA(ピクスタ)

JRでは、乗車できるのは、犬の体長が70センチ以内であることが規則で定められています。

さらには、「クレートやキャリーバッグなどの犬の全身が収まる入れ物に入っている状態でないと、車内への持ち込みはできない」とされています。

ドッグスリングなどの柔らかい布製で、形態が固定していない入れ物の使用は不可となっているので、注意が必要です。

クレートやキャリーバッグの縦・横・高さの合計が90センチ程度で、クレートやキャリーバッグと犬の体重を合わせて10キログラム以内であれば、手荷物としてペットの犬の持ち込みが許可されます。

tarousite / PIXTA(ピクスタ)

必ず「手回り品切符(280円)」を駅の窓口で購入し、切符はケージやキャリーバッグに取り付けて乗車しましょう。

 

「地下鉄」や「バス」への犬の車内持ち込みは、それぞれの規定を要チェック

YNS / PIXTA(ピクスタ)

「地下鉄」や「私鉄」にペットの犬連れでの乗車が可能か調べてみたところ、JRと同様にクレートやキャリーバッグに入っていればOKのところがほとんどでした。

ztranger / PIXTA(ピクスタ)

ただし、犬とクレートやキャリーバッグを合わせた重量については、規定に違いがあるようです。

また、犬を車内へ持ち込む際にも「手回り品切符(280円)」の購入が必要な場合と、無料の場合があります。

バスにペットの犬を持ち込む際の規定については、JR、地下鉄、私鉄とほぼ同じです。

しかし、なかにはクレートやキャリーバッグの他に、ドッグカートの持ち込みを認めているところもあるようです。

地下鉄や私鉄、バス会社によっては、ペットの犬連れでの乗車規定に細かな違いがあります。

勝手な判断は危険ですので、利用する交通機関の運営会社のホームページを事前確認する、もしくは電話で問い合わせをした上での利用をオススメします。

 

これだけは忘れずに!電車やバスを犬連れで利用する際の基本的なルール

Taro / PIXTA(ピクスタ)

飼い主さんのなかには、ペットの犬連れで公共の交通機関を利用する際のルールやマナーを知らずに、乗車している人もいるようです。

電車やバスには、犬が苦手な人も乗車しています。トラブル回避のためにも、次のことを守りましょう。

  • 周囲に迷惑をかけないように心掛ける
  • 「クレート」「キャリーバッグ」などに入れずに、犬を抱きかかえて乗車しないこと
  • 車内はもちろん、駅構内においても犬の体の一部をクレートやキャリーバッグから出さないようにする
  • 他の乗客への迷惑にならないように、十分に配慮する

 

電車やバスを犬連れで利用する前に準備すべき4つのこと

ちょあ / PIXTA(ピクスタ) ※写真はイメージです

犬連れで電車やバスを利用する際は、次に挙げる4つのことを準備しておきましょう!

  1. 犬をクレートやキャリーバッグに慣らす……クレートやキャリーバッグが犬にとって居心地の良い場所になるよう、日頃からトレーニングしておく
  2. 乗車前に排泄させておく……車内で排泄することのないように、トイレは事前に済ませてから乗車する
  3. 被毛の抜け毛を予防する……被毛のアレルギーのある人もいるので、抜け毛予防のために犬にウエアを着用させる
  4. 雰囲気に慣らす……いきなり長距離を移動するのは、犬への負担が大きい。そのため、徐々に乗車時間を延ばし、犬を車内の雰囲気に慣らしていくのが良い

ABC / PIXTA(ピクスタ)

その他、犬のストレスや周囲とのトラブル回避のためにも、車内が混雑する時間帯の乗車はオススメできません。

また、ルールやマナーを守らずに自分勝手な行動をすると、周囲に迷惑をかけるだけでなく、犬連れでの乗車が禁止されることにもなり兼ねないので、十分に気をつけましょう。

(文・マルヤマ ミエコ)

 

【参考資料】

※ JR東日本きっぷあれこれ