知らないと危険!? 手入れをサボると「加湿器」が雑菌の温床に!

 

Naoaki / PIXTA(ピクスタ)

ニュースでご覧になった方もいるかもしれませんが、先日、高齢者施設でレジオネラ菌に集団感染し、1人が死亡する事件がありました。

調べによると、室内にあった加湿器が感染の原因だと思われるようです。

加湿器にはさまざまな種類があり、中には手入れをサボると雑菌が繁殖する危険のあるものもあります。

日刊Sumaiの過去記事から、「加湿器」に関する記事をピックアップ!

加湿器の種類や、正しい手入れの方法などがわかる3本をまとめてご紹介します!

 

■知ってた?加湿器には4つも種類がある!

意外と分かってない?タイプ別「加湿器」メリット・デメリット

HIRO / PIXTA(ピクスタ)

家電専門店や量販店などにずらりと並ぶ加湿器。

どれも同じかと思いきや、よく見ると、まったくタイプが異なる製品であることに気づくはずです。

加湿器は水蒸気を発生させて、部屋を加湿するためのものですが、実は、水蒸気を作り出すにはいくつか方法があり、加湿器の種類もそれによって分けられます。

こちらの記事では4つのタイプの加湿器の特徴と、メリット・デメリットをご紹介しています。

デザインや見た目だけで判断せず、ライフスタイルに合った製品を探してみてくださいね。

 

■コワい雑菌の繁殖を防ぐ、正しいお手入れの方法とは?

雑菌をバラまいてるかも!? 「加湿器」の正しいお手入れ方法

Ryu K / PIXTA(ピクスタ)

加湿器の中には水を入れるタンクがあり、放っておくと内部で雑菌が繁殖してしまうこともあります。

加熱して水蒸気をつくるスチーム方式は、熱による殺菌効果が期待できますが、

加熱せず超音波や気化で加湿する製品は、繁殖した雑菌をそのまま空気中にばら撒いてしまう可能性があるので、特に注意しましょう。

加湿器は必ず取扱説明書に記載されているお手入れ方法をよく読んで、こまめな掃除を心がけると安心です。

こちらの記事では簡単にできるフィルター掃除や、クエン酸を使った水アカ掃除の方法などをチェックすることができますよ。

 

■部屋の湿度は何パーセントが正解?

間違えてる人多すぎ…!本当に加湿できてる?正しい「加湿器の使い方」

kouchan / PIXTA(ピクスタ)

正しい加湿器のお手入れ方法を確認したら、「正しい加湿器の使い方」もぜひ知っておきたいものです。

厚生労働省によると、インフルエンザ予防に効果的なのは、湿度50~60%の環境なのだそう。

これ以上湿度が低いと、病気予防の効果が減ってしまいます。

また、高すぎるとカビやダニが好む環境に近づくため、逆効果です。

では、理想的な湿度環境を作りだすには、どんな工夫をすると良いのでしょうか?

エアコンの設定温度や、加湿器の置き場所、ONとOFFのタイミングなど、加湿器を効果的に使うための方法も必読です。

 

【参考】

※ でんきの比較インズウェブ