引越し先の荷造りに必要な楽らく整理整頓術 ~春の引越し特集~

引越しは、様々な手続きや荷造りなど、色々とやることが多くあります。

その中でも、「荷造り」は最大の難関ではないでしょうか?引越し費用を節約するためにも自力で梱包する人も多いと思います。

今回は、「荷造り」にまつわる記事を実体験だから分かった実例をまとめました。引越しの荷造りに役立つヒントが満載です。

 

 転勤回数8回!転勤族だからわかった 整理収納×ひっこし

 

転勤族の整理収納×ひっこし

転勤回数8回!8年間で8回の引越しをし転勤族だからわかった、引越し×整理整頓が得意。
整理収納アドバイザーのトノエルさん。

 

「どうして引越しは大変なんだろう?荷造りが一番の難所・・・。」幾度か引越しを経験している人なら、必ず抱く思いではないでしょうか?

長年暮らした家は、過ごした月日分の荷物でいっぱい。あらためて知るモノの量に唖然とし、しかも、なかなか荷造りが進まない・・・。

しかも、家の中にあるものを片っ端からダンボールに詰めた結果、引っ越した後も荷解きをしないダンボールがあったり、新居にモノが入らない!なんてことありませんか?

トノエルさんは、8年で8回の引越しを経験している転勤族。

彼女が引越しの失敗から学んだことは、「整理整頓」の必要性でした。
それは、これからの生活を想像して部屋を整えるという大切なことだそうです。

効率よく荷造りができるヒントを、整理収納アドバイザーでもあるトノエルさんが教えてくれます。

 


意外と知らない!「整理」「収納」「片付け」「そうじ」の関係性って?
引越しに入る前の「整理収納」とは?わかりやすいイラストで説明します。

 


5ステップでできる!引越してすぐ暮らしやすい部屋にする方法【転勤族トノエルの整理収納×ひっこし】
ズバリ!「転勤族トノエルの整理収納×ひっこし」その方法の流れをご紹介

 

あせて読みたい 荷造りのコツ① 

 

 

 「丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり」新居への引越しで分かった実例

ipoowさん

丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり

30歳を過ぎ、「シンプルに、丁寧に、暮らしを楽しみたい」という思いとともに始まった木の家づくり。
田舎へ移り住み、念願の木の家づくりを叶えたaipoowさん

 

念願の木の家への引越しが近づいてきました。
どこから着手すればよいかポイントも踏まえ、一軒家への引越で早めにしておきたい1か月前からでもできる引越し準備をご紹介。

また、引越し当日にあった出来事もあわせてチェックしておきたいポイントです。

大切なのは、引越し先での生活をイメージすると早い段階でもできる作業があります。
断捨離をしながら進めることが、今の生活を改めて見直すよい機会にもなるようです。

引渡しと引越しに向けて1か月前からするべき準備とは!?
失敗談も交えて、引越し準備に忘れずにやるべきことをご紹介。

 

引き渡しって何をするの?当日はこんな感じでした!【丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり】
aipoowさんのも当日まで疑問だった「引き渡し。実際はどんな感じなのでしょうか?

 

あせて読みたい 荷造りのコツ② 

 

知って良かった!引越しのコト 

 

 

おまけ 引越し後に役立つ知っておきたいこと

引越し挨拶

 

引越しをした際にどうするか迷ってしまうのが、ご近所への挨拶回りではないでしょうか。
引越しの挨拶は、単身・夫婦のみ・子どもがいる家族など、家族の人数だけでなく、地域性や入る住居によっても変わってきます。
都心部に住む場合、何かあると困るからと挨拶回りをしないという人もいますが、近くにどんな人が住んでいるかを把握するためにも、引っ越しの挨拶は大切です。
まずは、居住タイプ別、挨拶すべきエリアの挨拶事情ならこちらをチェック!品物にも気を配りしましょう。

 

「土地勘のないエリアに引越したことがある」と回答した人を対象に行ったある調査によると、引越し時に挨拶をした件数は……、1位は「1軒も挨拶に行かなかった 37.5%」!?調査に基づいたご近所さんとの仲と挨拶マナーをご紹介
▶ 引っ越しの挨拶は必要 or 不必要?挨拶しない人の4割以上が「近所と仲が悪い」と回答

 

挨拶の品はどうしたら??
旧居、新居ともに、引越しの挨拶でお渡しする粗品は500~1,000円程度が相場。
この程度の金額で喜ばれるものとは、どんなものなのでしょうか?それは「”消えもの”」と言われるものでした。
▶ 引越しでもらった「粗品」嬉しかったものは何だった?

 


騒音トラブル

 

集合住宅といえば、他の住民と共用するスペースがあったり、隣人と壁一枚の隔たりで住んでいることから“住民同士のトラブル”が発生しやすいイメージ。
ある調査によると、集合住宅に住んだことのあるおよそ3人に1人が、何らかのトラブルの経験があるとか。もしもトラブルに巻き込まれた場合、また自分がトラブルの原因とならないための注意点って、あるんでしょうか?

 

引越し時に、実は挨拶に行くことが大事?!事前に知っておくと対処も早いものです。
▶3人に1人が経験!? 「騒音トラブル」に巻き込まれたら…どう対処すべき?

 

海外事情も参考にできる!多くの引越しでわかった実際に実践した騒音対策を、5つのレベルに分けてご紹介します。
▶隣人の騒音で困っていませんか?今すぐ実践できる「レベル別」対策

 

耳より引越し情報 
2018年の引越しシーズンには、人手不足による料金高騰から、引越したくても引越せない「引越し難民」が多発することが予想されている?!調査実態もあわせてチェック!

▶2018年は「引越し難民」が多発しそう!? 引越し業者を早めに予約した方がいい理由