引越しで苦労する「冷蔵庫の中身」はクール宅急便で解決!

 

今まさに引っ越しシーズンですね!

筆者は一昨年にリノベを経て狭小平屋に引っ越しをしましたが、何しろ家の広さが半分になってしまうという難題に挑み、断捨離を中心に、かけた労力は莫大でした。

もし「同じことをもう一度」と言われたら、迷わず「無理!」と答えると思います(笑)。

転勤族の皆さんのような引越のベテランであれば、テキパキ効率よく進められるのだと思いますが、筆者にとっては大変高いハードルが引っ越しなのです。

中でも気が重いのが、冷蔵庫の中身でした。

しかし!多少の出費は覚悟の上の「ある発想」を行動に移したところ、これが大正解だったと知ったのです。

今回はそんなお話です。

 

冷蔵庫の中の消費し切れない生モノをどうするか?

引越し業者さんに冷蔵庫を運んでもらうためには、当日までに中身をカラッポにし、水抜きや霜取りを済ませ、電源を抜いておかなければなりません。

でも、毎日使う冷蔵庫、これが言うほど簡単ではないのです。

とにかく食べたり使ったりしてこの機会に処分したりを断行するしかないのですが……、

中には、食べ切れないけど捨てがたいという食品が結構ありました。

北海道の友人から送ってもらった新鮮な海鮮、美味しく出来た手作りジャム、大量につき、そのまま捨てたら強烈な臭いを振りまいてしまうガーリックの冷凍ストックなどなど。

そこで、それらを「新居の自分宛に送るクール宅急便」にしてみましたが、これが大正解だったんです!

 

高い?安い?かかったお金は2,376円

冷凍も冷蔵も、集荷から3日間は運送会社で保管が可能、希望日時に配達してくれます。

冷蔵庫も家具設置も一通り落ち着いた頃に受け取ると、心身共にとてもラクなのです。

そして、前の家で早目に集荷に出してしまえば、電源を抜いた冷蔵庫の清掃も隅々まで分解し、この機会に徹底的に行えます。

食材は焦って食べずとも、キレイになった冷蔵庫と新居で、美味しく頂くことが出来るのです。

特に、もし引っ越しが夏場だとしたら、さらに有効な手段ではないでしょうか?

この時お願いしたクール宅急便は2つ。冷蔵と冷凍の両方を利用しました。

コンパクトなサイズでしたが、総額は2376円ほどでした。

いかがでしたか?

これを高いと感じるか?安いと感じるか?は人それぞれだと思いますが、このことを以前も記事で少し取り上げたところ、意外なほどに主婦の方からの反響が大きく、驚きました。

何かと面倒なお引越し、少しでも負担を減らして賢く済ませたいですよね?

ご参考になれば幸いです。