加湿器、換気…今すぐできて効果大!室内の「花粉対策」3つ

今年も、花粉の嵐が吹き荒れています。
辛い花粉症でも、家の中で快適に過ごせる、とっておきの生活の知恵をお届けします!

日刊Sumaiの過去記事から、「今すぐできる室内の花粉対策」、超お役立ち記事を3本まとめてご紹介します!

pastelo / PIXTA(ピクスタ)

 

花粉シーズンでも「外干し」のチャンスはある!

それでも8割が「外に干したい!」花粉症持ちの外干しポイントとは?

kikuo / PIXTA(ピクスタ)

花粉を避けるために、洗濯物は部屋干しがいいと、よくいわれています。

しかし、そう頭で分かってはいるものの「花粉症だけど外干し派」は約8割にも及ぶそうです。

ただえさえストレスがたまりやすい花粉の時期。

その上、部屋干しによるストレスが加わることに我慢できない、という意見もあるようですね。

花粉症の人が外干しでも花粉に悩まされないためには、花粉が飛ぶ時間帯を知っておくことです。

花粉飛散量の少ない時間帯を狙って洗濯物を外干しすると、室内に持ち込む花粉の量を減らすことができますよ!

 

「加湿器」が花粉症の強い味方に!

意外とみんなやってない!「家の中の花粉」を減らして症状を抑える4つのアイディア

yocamon / PIXTA(ピクスタ)

雨の日は花粉症が少しマシになることがありますよね。

これは雨粒に当たって花粉が飛散しにくくなるためと、湿度が上がることで花粉の粒子が重くなり舞い上がりにくくなるためです。

室内で加湿をすると、花粉が水分を含んで空気中に浮遊しづらくなります。

このほか、こちらの記事では、花粉を除去するための掃除の方法や、空気清浄機の上手な使い方をチェックすることができます。

ちょっとした工夫で、花粉症の症状を軽減することができそうです!

 

花粉を避けるために窓を閉めきって過ごすのは間違い!?

室内の方が「花粉量」が多い!? 部屋の“換気”で気を付けるべきポイント3つ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

花粉をシャットアウトするためにシーズン中は窓を閉めきる、というのは正しい行動のように思えます。

しかし場合によっては、これが逆に部屋の中の花粉量を増やしてしまう原因となることもあるそうです。

花粉のシーズンだからといって、部屋をまったく換気しないのはNGだと覚えておきましょう。

では、外から入ってくる花粉をシャットアウトしながら、部屋の中の花粉を追い出すには、どんなことに注意して換気を行えばいいのでしょうか。

こちらの記事でその方法を確認してみてくだいね!